こあらくんプラス

DWE(ディズニー英語) 中古で購入!こあらくんの日常にEnglishをプラス

NHKで紹介されていた今話題の!お米のもみ殻でつくった天然素材まな板を使ってみた。


f:id:appleballballoon:20171101171527j:image

とりあえず、想像以上のずっしり感。

私が思っていたよりは、重かったです。


f:id:appleballballoon:20171101171543j:image

 配達のおっちゃんが気になったのか手渡すとき

「え、どしたの?鉄板?笑」て聞いてきました。

中身聞くんかい!

私が宅配を使いまくっているので仲良くなってしまいました。

 

 

 裏には滑り止め
f:id:appleballballoon:20171108182308j:image

ピタリと止まって安心して使えます。


f:id:appleballballoon:20171108182521j:image

表面に凹凸あり。水はけ非常に良いです。ふちの部分が少し高い、使用部分がふちより低い(一緒のこと言う)ため、水気が多いもの切っても汁がこぼれません。

抗菌効果があるので安心して使えます。試験で抗菌力が実証されています。

NHKまちかど情報室で紹介されていました(2017年7月12日放送)。

 

世界20か国以上の販売実績があり。日本にも上陸。

食品がもっとも直に触れる機会が多いのがまな板。より安心なものを使いたい。

抗菌効果はあったほうがいい。

可塑剤は使っていない方がいい。

できれば天然素材がいい。それがエコならなおさらいい。

なかなか他では見かけない、お米のもみ殻を有効利用してつくった「Rice Ware」(ライスウェア)のまな板です。

 

使用の際の注意事項

実際に使用してみて、個人的に挙げたいこと3つ。

1.食洗機不可(うちにはないけど!笑)。

2.漂白不可(まな板の漂白が趣味だよって人がいたときのために。)

要は、普段使いで全く問題なく衛生保てるよってこと。傷つきにくいし。

3.使用時に音が響きます。

若干甲高い。初めて聞いたときはビビるかも。

うちは普段、ひのきのまな板を使っているので例えるなら「トントン」に対して「カンカン」

使っていると慣れるけど、どうにも気になるって場合は、まな板の下にふきんを敷くと軽減されます。

さらに慣れてくると、自分自身がコントロールして音を立てずに切ることも可能。

旦那が言いました。

「音の事は、ブログに書いておいた方がいいかもね。」

独特です。

 

我が家の場合で考えると

これキター!的な落としどころと思いました。

木のまな板の良さは、個人的に譲れないのでプラスチックのまな板に戻るつもりは全くないものの、旦那には使いこなせない。

木のまな板のルールが面倒とのこと。

実際、私も手探り。

衛生は気になるけど、基本は洗剤、熱湯消毒、天日干し、NG。水道水のみ。

えーまじすか、ってことで、たまにいつものくせで洗剤で洗っちゃう。あ、やってもうた。擦るんだった。てなります。

気になる汚れはたわしで擦って、酷いときには重曹擦り込んで、あるいはカンナで削って、衛生を保つとか何とか。

え、そんなことやるわけないじゃん俺が。と旦那は断固拒否。

木のまな板は、濡らしっぱなしは不衛生だし、乾燥したらひびが入るので、気を付けないと。

手間がかかるところがむしろかわいいんだけど。

年に数回、数週間帰省するので、放置されることが多い今のまな板には、ひび、亀裂が入りまくりです。

10年くらい使うつもりで張り切っていたのに使えそうにない。

木のまな板の包丁の当たりの良さは言うまでもないですが、このまな板も今のところ問題なく使えています。

傷がつきにくく、包丁の刃にも負担なく、衛生的、毎日のメンテも楽、普通に洗剤で洗って干せばいいので、旦那も使えそうです。

 

 

 

 

 

 

絵本の読み聞かせは、どのくらいやろうかな。目標を立ててみようと思った話。

軽く立ち読みしながら考えた。

よく行く書店の絵本コーナーのほぼ毎回見てみる場所に、ある日、絵本ではない本が置いてありました。

 

【1日7分の絵本で子どもの頭は良くなる/浜島代志子】

 

1日7分の絵本で子どもの頭はみるみる良くなる!

1日7分の絵本で子どもの頭はみるみる良くなる!

 

  

 

もう1回読んで!も新たな1冊とカウントする

繰り返し3回読んだのであれば3冊読んだということにする。

そう思うと、例えば1日10冊絵本を読み聞かせる!ってことが“そんなの無理だわ”と思わないかも。

毎日は無理。決めると無理。

ただし、こあらくんの気分が乗った日は10冊どころか、結構な数に。

数えていないけど、読んでいるこっちが疲れてくるわというくらい絵本の日みたいなのがあります。

読んでー!一緒に読もうー!の中にすごくたまにDWEの絵本が入っているので、一応頭の片隅には意識があるのかな?とは思います。

 

毎日必ず!ではなく、臨機応変に!

出来ない日あり、例えば週末に少し多めに時間とったり、旦那やじじばばなど家族を巻き込めるなら、もちろんやってもらって。

本の中では、6才までに3000時間!と書かれていました。

理想は1日3回朝昼晩。6才というのは人間の土台作りの完了時期、7分というのは1冊絵本を読むのにだいたい7分という説明あり。

 

とりあえず

赤ちゃん向けだったり、文章少なめの絵本だったりも読み聞かせるので、とりあえず今のところ、1冊7分もかけて読んでいる本はない!というのがそれを知った私の一発目の感想。

とはいえ、文字を読むだけでなく、絵についていくつか語りかけをしたり、私の感想を挟んだりすることもあるので、シンプルで短い絵本でも7分くらいかかっている場合もありそう。

時間を計ったことがないから何ともいえない。計ろうと思っても、結局やらない。

 

 

試算(私はこう考えた)

6歳までに3000時間?1冊7分をそのまま当てはめて180000分、25714冊ということでいいのかしら。

え、単純に6で割って年間500時間(4286冊)って思ってもなかなかのもの。

2歳までに1000時間(8572冊)も絵本タイムなかった気がするし。

2歳から今までも、そもそも回数とか時間とか意識したことないし、計っていないしなーというところで。

例えばの、た、すら言えない。笑

 

今からやろうってことで、ざっくり3歳からの3年間で3000時間ってことにするか!?

1年1000時間。1ヶ月83時間余り。ざっくり30日で割って1日2.78時間。朝昼晩とか、朝夕寝る前とかで、1日3回各1時間ずつ(1冊7分として8~9冊?)

これが習慣化したらビビる。

 

読めばいいってもんじゃない。

やればいいってもんじゃない。

数字や“やってやったぞ”的な意識だけ気にするのは、違うかな。そこじゃないかな。

 

絵本の読み聞かせで子供は変わる

絵本の読み聞かせで、子供に変化があるということは、さしむき実感しています。

累計何時間だの何冊くらいだの、このくらいの月齢で、とかではなく、子供自身が好きだと思える絵本に出会ったときかな?と個人的には思います。

 

ものすごい勢いで暗記するよね!

あれ、うちの子、ひらがな読めたっけ?と勘違いするほど、正確に覚えていて言うことがあります。数回読んだくらいでも言い始めるときは、若干ビビる。

あ、ママは、ただ読み上げていただけなので何一つ覚えていないけど、もしかしてあなたは覚えたのかな?まじか。

ひらがな、カタカナ、教えていないけど、母語だから読めるのかな?謎です。

書いてある通り言えたときは、へー。ってなる。

やるとしたら、とりあえず英語に触れておいてくれ。日本人なんだから日本語は大丈夫でしょ、という価値観だからか、日本語を教えるという感じは全くない。ほったらかし。

アルファベット大文字は、任せてくれ!読めるぜ!英語楽しい。

というところまで勝手に成長してくれたのでそこは嬉しい。

絵本ってすごい~~~!と感動した一番の部分は日本語の成長。

短い文章で紡がれる物語。その文章には、作者の思いがぐぐっと込められていて、美しい言葉がたくさん並んでいます。

それが子供の口から出てくる。

いいじゃん。

てなります。

具体的な目標とはいえないかもしれないけど、子供がこれ大好きだ!と思える絵本に1冊でも多く出会わせてあげたい。美しい絵を見せ、言葉を聞かせたい。という気持ちが出て来たので、いそいそ図書館に通っています。

【レビュー】SNS映えする美しくてかわいいMy Litlle Box10月中身 11月は神BOXなので、売り切れ必至。GETお早めに。


f:id:appleballballoon:20171026183842j:image

サプライズ♪

自分が開封するそのときに、わくわくと共になるほどぉ~♪となるやつです。それを毎月やっていただけるという、自分が自分に送るサプライズBOX。 

 

 

荷物が届くってイイ

何度かに一度は自分宛の荷物が来ることを知ったからか、単純にお届け物って嬉しいのか、いつからかこあらくんは宅急便とか来るとすごくテンションが上がります。

それ何?開けてみて?

今回も箱だ箱だと騒ぎ立て、開けてみて欲しいと目がキラキラしていましたが、

すまぬ。ママ用。という感じでOPEN!

あ、へぇ。ママのキレイキレイ系のやつですか的なテンションで撤退していました。

 

 今回の中身の感想

①ジェルブレ 大豆&オレンジビスケット

②ラロッシュポゼ 化粧水

③クナイプビオオイル

④ハッピーハンドクリーム

 

①ジェルブレ、ちょっと気になってた、食べてみたかった!嬉しい!

②ラロッシュポゼというチョイス、ハイセンス。最近キテるよね(自分的としては。)旅行用に良さそうなサイズ。とはいえ、すぐ使うけど。潤う!

③これからの季節に嬉しい。顔にも体にも使えるオーガニック保湿ケアオイル。

☆完治したキズあとに

☆完治したニキビあとに

(完治したキズあと、ニキビあととは、ケロイドや色素沈着がある肌ではなく、健常な状態に戻った肌のこと)

☆大人の肌にうるおいを与えるエイジングケア

(化粧品効能による、年齢に応じたケア)

☆乾燥が気になる肌に

そうだ、塗ろう。という気分。ありがたいです。

④助かる~ハンドクリーム助かる~いくつあっても大丈夫~というくらい塗るのが好き。いい香りがするので、主に寝る前に使うことにします。

 

すごく季節を意識した内容だったのではないか、と。

個人的に一番感じたのは、気になっていた、試してみたいと思っていたけど、そのままになっていたものが入っていて嬉しい!

小さい子供がいると、子供中心の生活になりがち。

自分の時間があまりない。

 

気になるものがある→どこで売っているんだろう?→ネットor店舗?

ネットなら詳細情報や口コミを探す…店舗にありそうだったら…近所なら、見に行こうかな~みたいなことになるけど、はい子供います無理。みたいなことになりがち。

スーパーの買い物だけで疲労困憊の日も多いので、こんなめんどくさいやつ連れて、自分の買い物へは、なかなか出かけづらい。

 

なので、おまかせでこんな素敵なBoxが届くのは、ワクワク!楽しい!嬉しい!生活が華やぐ。心が躍る。

 >>>パリから届くサプライズ My Little Box

 

 

11月のマイリトルボックスは、今話題の"マキアージュ"の新作&おすすめコスメが3点贅沢入ったBOXのようです。

激アツPOINT

リップは11月21日発売、発売に先立ち、乃木坂46白石麻衣さんが出演するマキアージュの新作リップが11月のマイリトルボックスではどこよりも早く、しかも4色全てお試しできちゃうルージュパレットが入っています。

パレットのイラストは、kanakoの描き下ろしたオリジナルデザイン。
コスメファンや白石さんファンの方は、マイリトルボックスでのお試しがおすすめ!

その他、オイルタイプのボディ&ヘアフレグランスや、ルージュの色乗りをよくするリップトリートメントもIN。こちら全て現品なので、現金に換算するとかなりお値打ちものです。

初めての方!!!特にお得です

★マキアージュ×マイリトルボックスのXmasミニコフレセット付!
★初回ボックス1,000円OFF!
の初回限定2大特典つきです。

早めのお申し込みがお得♪
新作の商品名ドラマティックルージュにちなみ、
ご購入時にクーポンコード【dramatic】をお忘れなく

My Little Boxのご登録はこちら

資生堂コラボはかなり人気なので売り切れ必至だと思われます。

スイミングをめぐる意外な展開


f:id:appleballballoon:20171017184351j:image

何がどうなるかなんて分からないものだな、と思った話。

思ってもみない方向に舵を切ったものだ、と。

でも、望み通りになったね!とも言える。

一瞬で事態が変わることがある。

子供のことをもっと信じていいんだな、信頼の気持ちに限界などないんだな、と感じた話。

 

“たまたま”がたまたますぎないか?

スイミング、いよいよやめよう、と。

親子で触れ合えるのはいいけど、こあらくんは全然泳ぎたがらない。

浮き輪すらも嫌がる。浮力があるとはいえ、浮き輪をつけないで、13キロ以上あるやつをずっと抱っこだのおんぶだの、そろそろまじできつい。というか、キタ。首こり肩こりからの猛烈頭痛。

普段も結構甘えてくるから、抱いたりおんぶしたりやってるし、体調の変化とかいろいろ重なったんだと思われる。まじ無理。全然抱っこ(おんぶ)したくない。今日はスイミング休もう。

旦那は以前から、何て意味のないことを続けているのかと思っていた様子。

ママ友と喋ってリフレッシュとか、私のエクササイズを兼ねているとか、それも確かに、って思ってたので見守ってただけ。

早くやめちまえよ、と。

ママ友には、次回会ったときに言えばいいと、ソッコー手続きへ。

新しい習い事をしてもいいし、お出かけのあれこれや絵本とかお絵かきとか遊びごとの費用に充ててもいいしね。

そうだそうだ。

決めたことで気持ち晴れ晴れ。

 

退会手続きおなしゃす

書類を記入。

スタッフから一言「担当コーチは、このこと知ってるんですか?」

「いえ、相談したことないです。次回のレッスンのときに挨拶しようかと…」

「きっと悲しむと思います。」

「…かもしれないですね(すごく素敵な方なので、表情が浮かぶ)。もうずっとお世話になっているので。」

本当にたまたまなのかビビるほどのタイミングで、コーチ現る。

「あれ、今日どうしたんですか!?」

 

なんだ、引っ越しではないのか、とか話しつつ、ダメもとで一度、このクラスを体験しませんか?月齢的には全然アリなので、と。

ダメもとすぎてため息しかない親子分離のクラス。つまり、1人でグループレッスンを受けて親は見学席ないし離席。スイミングに限らずいつかはこういうときがね…なんて話しながら。

ちなみに私が担当しますよ、あと1時間後くらいなんですけど、時間あります?て。

 

え、これから!?

 

暇です。笑

なんだ、このコーチが担当なの知らなかった。甘えよう。一旦帰って水着取ってきます(無料レンタルも可)。

 

こあらくん、泣いても暴れてもいいからね~一緒に遊ぼうね♪

相変わらず優しい。

キョトン顔のこあらくん。どこまで分かっているのやら。

 

レッスンを受けてみたものの

案の定、ほぼずっと全力で泣いていた。いちいち嫌がっていた。見ていられなかった。

私の姿を見せない方がいいとは思いつつ、コーチがとんでもなく奮闘して下さっていて、見ないわけにもいかないと遠目でおそるおそる見ていた。

あの子ずっと泣いてる、ちょっと小さい子だよね、なんて声を拾ってしまった。

え、うちのこと!?泣いているのこあらくんだけなのでね、うん。

 

これまでほぼ一度もつけたがらなかった腕の浮き輪を何度も拒否した後、付けて、泣きながらだけど、1人でバタ足して前進していたシーンも見られたことにはびっくり。

初日で!?

レベル低すぎるけど、ちょっと泣ける勢い。

 

レッスン後、泣き声で遠くにいても我が子だと分かる。めっちゃ泣いている。

ロッカーで再会。

流れ作業的に聞いてみる。

「楽しかった?」

 

「楽しかったあ」

間が抜けた声で笑っている。

え、そのリアクションで合ってる?

「またプールくる?」

「プールくる~」

ほぼずっと泣いてたやないか。

おうむ返ししてるだけ?と思いながらも、何事も嫌なときの拒否っぷりはすごいわけで。

とりあえず、言葉通り受け取ってみる。退会撤回し、このクラスに変えて、継続してみることに。

 

親の考えと子供の思い

スイミングを始めた当初は、自立の促し兼ねて対象月齢になればこのクラスに変えたかった。

でもこあらくんの歩みは全然順調じゃなかったから、そんなこと思うのいつの間にかやめ、そしてスイミングまでやめようというところまで至ったけど、こんなことに。

とりあえず当初の思い通りに。

このコーチのおかげ!というシーンが多すぎるというか、ほぼそれのみで構成されているスイミング。

今のところ、ではあるけど、こあらくん本当に元気いっぱいタフボーイ。これはスイミングが役立っているのでは?という思いこみがあるので。基礎体力作りということで通わせたい気持ちが強い。

まぁでも、全然泳いでいなかったけど。

 

そもそも子供は言っていない

スイミングには、もう行きたくない!と言われたことは、なかった。まだあまりお喋り出来ないというのはあるけど。

家を出る時点で泣いて嫌がったこともほぼない。

親のしょうもない都合と勢いでやめなくて良かったと思います。

 

とりあえず、1ヶ月過ぎました。

もう泣かなくなりました。

行くたびに出来ることが増え、泣く時間が減っていきました。

見学席にいる私を探して、何かと見つめてきて笑顔を見せる余裕が出来ました。

コーチ二人体制で、今回のコースからお世話になるコーチにも慣れた様子。話しかけたりすることもあるみたいです。

プールに行く日を楽しみにしています。

 

意外にもさっさと成長を見せてくれることもあるんだと感じました。

 

とりあえず、やっぱりコーチがいい。

これに尽きる。

いけるところまでお世話になりたいものです。

2才児に300ピースパズルを与える。



f:id:appleballballoon:20171004074556j:image

♪仕上げは、おかぁ~さ~ん♪状態

何で300ピース買ったんだろう。

仕上げどころか、ほぼ全部私がやっている。

多分私が久しぶりにパズルをやりたかっただけだと思われます。

旦那も子供のとき以来であろうパズル…

 

やべ、何か楽しくなってきた。

 

何だかんだ大人も楽しめます。難しすぎない。

トーマス&大量の仲間たちなのでこあらくんは大喜び。

ピース数が多い方が仲間が盛りだくさん含まれるので、そこを喜んでくれるかも?と思って買ってみたけど

 

パズルする♪♪♪

 

案の定、嬉しかったみたい。

こあらくんから誘ってきます。

 

トーマスたちが好きすぎるため、キャラクターの名前を教えてくれる

ていうか、仕上げてね?みたいな感じ。

彼は、このピースが誰だとか、サポートするのみ。

はい、これ、○○!

渡してくれます。

見切れたピースで即答してくるのでビビる。

愛がすげぇなオイ。

とはいえ、キャラクター3割くらいは、はてな?あれ、これ、誰だっけ?て感じで、聞いてきます。

見本見てみるね。てなるけど、基本的には私より詳しいので、本当に好きなんだなーと思います。

 

ピースがバシッとハマる感じを無視


f:id:appleballballoon:20171011141758j:image

小さいピースなので、無理やりはめることが可能。目を離すと、こんなことして遊んでいます。

そんなことしてたら、完成なんてほど遠いからね。

やっぱりこういう部分まで1人でやるってのは難しいよね。

でも、求めてないしね!

一緒に楽しもうと思ってたしね!

ということで、ピースの丁寧な取り扱いだけよろしくお願いいたします。

 

完成したものを眺めるわけではなく…

完成~♪わぁ~い♪

達成感を感じる暇もなく

 

「もう一回♪」

 

ソッコー崩すやつ。

早い早いもうちょっと眺めようよ。

もう一回やるぅ~♪が、残酷すぎる。

数時間あれば余裕で出来ますが、そうかいまたやるのかい。

というわけで、買って数日のうちに5~6回繰り返すはめに。

 

パズルの醍醐味はその過程にある!

 

と旦那が言うのがまた腹立つ。

 

好きなら楽しめる

パズルが得意な子供なら、1人で仕上げることの方が楽しいかも。

でも、それ以外の楽しみ方もあるかもね!ということが実感出来ました。

家族全員夢中になって、楽しめます。

役割分担したり、こあらくんにも出来る範囲でいくつかピースをつなげたりしつつ。

アルファベットに興味が出てきたので

 

ALL ABOARD!

 

が気になったようです。

何て読むの?どういう意味なの?

 

分からん(ツライ)。

 

ALL ABOARD!は、ALL ABOARD!

みんなぁ~大集合~♪て感じなんじゃないの?(逃げる)

後で調べてみた。

 

出発進行!

 

なるほど。確かに。

 

ALL ABOARD !

 

何度か発音してみるこあらくん。

うん、綺麗だ。いいぞいいぞ。

 

2歳児に最適なのは何ピースか考えてみた

何ピースでもよくね?

というしょうもない結論。

 

大人が一緒に遊んであげても遊びとして成り立つと思うので。

好きな絵柄だったらとりあえず嬉しいと思う。

よりたくさんのピースのジグソーパズルを一人で仕上げるのも、すごいじゃんやるじゃんって話ではあると思うけど。

そもそもパズルをするのが好きかどうかってことが、出来るかどうかよりも大事かもしれない。

こあらくんは、たまたま好きになったみたい。

 

現在2歳9ヶ月のこあらくんが初めてジグソーパズルに触れたのは2歳7ヶ月。ついこの前。

型にはめるタイプのパズルデビューは1歳台。

 

先日曾祖母にプレゼントしてもらった55ピースのパズル。

早速2ピース紛失。

早速といっても、プレゼントしてもらって4~5日。すでに何回か完成させて楽しんでいたので、とりあえず…部屋の掃除を先にしろよ、みたいなことになりました。


f:id:appleballballoon:20171021183221j:image

プラレール、あざす大好物です、な勢いでした。

頼んでいないし聞かれてもいないのに奇跡的にナイスチョイスだよ、ばあちゃん!!!

個人的には、パズルの柄が大事な気がします。やはり子供が好きなものだと、テンションのぶち上がり具合が違います。

一緒にやろう♪と誘われることはあるけど、わりと勝手に遊びます。

完成したら、バサッと散らかしてもう一回やるぞ♪となります。

 

“これ、ゆふいんのもり”

ゆふいんの森も言うか、好きすぎかよ。

ゆ~からのふ~の発音って、結構難しそうだけど、好きなら言えるのかな。

言葉が言えるかどうかと、コミュニケーションの円滑具合は相関しないというのが、今のところの感想。

口数少ないな、大丈夫なのかな、と思うことはまだまだあるけど、見守るしかない。

 

そういえばDWE購入して1年が過ぎていた。


f:id:appleballballoon:20171012085132j:image

やっていないから“そういえば”扱い

 我々夫婦のゆるぎない感想。

 

うちは、DWE中古にしておいて良かった。

 

もはや、そう頻繁に教材を使わない。

義務になるとツライ。

多分正規だったら…

お金をかけたんだから、もっと使っていくよ!とか

まだ元取れていないだろうね?

みたいなしょうもないことを思い続けている可能性あり。

想像で言うので“おそらく”ということにするけど、子供の性格的に、課題提出がどうとか、イベントに参加してどうとか、そういう部分もうちには合わないかもしれない。

かけた費用を12で割ってみると、超ざっくり月14000円。

減価償却で考えて、下がる一方。英会話教室通わせるのこれより高くつく場合が多いと思うし、そのわりに効果はあまりないかもしれない。

教材の買い足しも、もちろん検討中。

良好な精神衛生を保ちたいので、いくらまでかけて、どのくらい触れたら、効果を感じたら、オッケー!ということにするか、我が家なりの損益分岐点を設定して購入に踏み切りたい。

お金があれば、とりあえず買うけど。

庶民ツライ。

 

効果はある!

教材の素晴らしさは間違いない。

取っつきは、最高に良かった。

特にABCカード(非売品)。

そして、絵本は頻繁ではないものの長きに渡り興味を引き続けてくれる。

結局絵本が一番いい。

それは連動しているDVDの内容の良さによるものだと思われるので、DVDももちろん見せてみて良かった。

今思えば、テレビ好きすぎるクソみたいな時期に始めて良かったとも言えそう。

ただでさえ子供の興味関心は、親が多少誘導出来てもコントロール出来るものではないと思うので。見たがらなければ、終わりに等しい。

DWEの教材は、子供の興味を上手に引いてくれると思います。

 

満足しているところ

これしかないけど、私の場合は、さしむきこれだけでいい。

 

発音が美しい

 

ドクターイエローと言ってる我々の発音お構いなしで、本人はDoctor yellow と言うとか、ブレないな。言いたいように言うんだな。みたいな場合も増えました。

単語が読めるわけじゃないけど、英語のスペルを見ると一文字ずつ言ってみることが増えました。

右から読むこともあるけど、そうか左から読むことを教えないとな、と気付かされました。

小文字の認識は怪しいものもありそうだけど、大文字は大丈夫そう。

これが至極マイペースに1年間英語に触れてみた結果の一部。

 

 

重きを置きたいのはどこか

これに尽きそう。

さっさと英語耳を作ってバイリンガル以上への道をガンガン突き進んで欲しい、とか。

とりあえず、授業で困らない程度にしておきたい、とか。

多少強制感が出ても、お勉強感が出ても、本人が今はそんな気分じゃないわ…てときに、ちょっとでいいから、やろうよ!みたいな感じでやらせるか否かも親の采配次第だと思うし。

うちは、そういうのは、したくなかった。

月齢と彼の性格を考えると厳しい。

  

うちの場合

とりあえず、こあらくんには英語の聞き取り楽勝!という耳を作ってあげたいという思いが、私の中でかなり大きい。

そして、発音。良いに越したことないから。

 

文法やら、語彙やらは、本人の熱意や、英語を使わないと成り立たない環境に身を置くとか、状況次第でその後いくらでも伸びていくだろうから、今のところどうでもいい。

 

こんな感じの価値観でやっているからか、喜びのハードルが低い。満足度が高い。

とりあえず何かしら聞き取りが出来た上で、単語一つでも言えれば良し。それが綺麗な発音だったら尚良し。

おー出来てるねーいいじゃん。

以上。

 

16万円払ったら子供にくっそ綺麗な英語の発音が身に付きましたうれぴい。

アルファベット、書けないけど、読めるよー

 

と言い換えてもいいくらい。

 

そりゃお金払っただけじゃないけど。

 

やらねば!という思いが強いと、親子共々しんどいので、楽しめる程度に。

こあらくんの“やりたい!”気持ちがあるときにやれればいいな、と思います。

 

【モニターレビュー】株式投資の王道~プロの目利きに学ぶ 良い会社の選び方~ 対談形式で読みやすかったです。


f:id:appleballballoon:20170928180553j:image

自分がその場にいるみたい

この度スパークス・アセット・マネジメント株式会社様より、モニターに選んでいただきました。ありがとうございます。

スパークス・アセット・マネジメントファンサイト参加中

 

ということで、感想など。

対談形式ってのは、読みやすい。自分がその場にいるようなイメージで、間近で拝聴しているようでワクワクしました。株式投資って、数字はもちろん大事な指標だけど、社長の人柄だったり、誠実さだったり、そういうところも大事なのかなと思えました。

 

株式投資を多少かじっていれば、より理解が深められそうな印象

私もほぼ初心者みたいなものです。

 

まずは、証券会社に口座を開設しましょう、そして…

みたいなことを書いている本ではありません。

ローソク足がどうとか、そういう話もありません。

テクニカル的なことではないです。

株主優待についても然り。

 

スパークス・グループ株式会社代表取締役社長 阿部修平氏と、株式会社小宮コンサルタンツ代表 小宮一慶氏の対談です。

 

素人へのエールみたいなイメージで捉えました

よし、株やってみよう!って思っても、なかなか踏み出せないし。

多少勉強してやってみても、分からないことだらけ。どこの株をいつ買えばいいかな?

良い悪いの基準は、どこを見たらいいのかな?

買って下がって塩漬けになったら、耐えようか、損切りしようか。

損切りしたら、気持ち切り替えて別のところの株買おうよー。で、いつ、どこの株を…

面倒なループ。気持ちが渋滞。決断出来ずカオス。

ゆえにほったらかし。

これ我が家の話です。

旦那の知識スキルも似たようなものなので、我が家のポートフォリオは現状荒れています。

上がると思うんだけど~上がらない~

これは損切りしちゃっていいと思うんだけど、やっぱり何だか悔しい~上がりそうじゃない?(何の根拠があって…)

ど素人あるあるなのではないかな。

 

いい会社、悪い会社があるわけではなく、良い社長、悪い社長がいるだけ。

 

この言葉、私も非常に響きました。

良い経営者が舵取りしている会社の株を長期的に保有すると報われる。このことは歴史が証明している、と。

そう思って、我が家は一応長期保有目的ではあるけど…なかなかね!長期ってどのくらい?って聞きたくなります。

 

ケーススタディということで、最終章で注目企業を何社か徹底分析されていて、すごく興味深かったです。我が家も株を保有している企業が紹介されていました。

INのタイミングがあれだったので、全然笑えないことになってますが。まぁ、長い目で見守りたいな、なんて思いました。

この本を読み終え、気になった部分を何度も読み直して…なんてやっていると、よし、前とは違う見方で株式投資、出来そうだなという気分になれます。