こあらくんプラス

DWE(ディズニー英語) 中古で購入!こあらくんの日常にEnglishをプラス

おすすめのもつ鍋でもつパ


f:id:appleballballoon:20171210200736j:image

旦那の大好物

しょうがない。旦那は、もつが大好きなんだもの。やるよ、もつパ。

私は、ちょっと苦手。というか、あのお店くらい(どこだよこだわり強すぎか)おいしいやつじゃないと無理なんで、という偏った舌を持つので、いいやつ希望いいやつを。

ということで、今回いただいたのが創業36年、本場博多のもつ鍋・水炊き専門店【博多若杉】 様の牛もつ鍋!期待大!

 

はい、大丈夫です。

本場です本物ですおいしいやつです、とても。

あの白いちゅるりとしたところがね、私は特に好きです。ずっとしゃぶっていたいです、うん。ならば写真を残しておけよ、と。

12月らしいというか、連日の暴飲暴食から回復していない旦那が、いつもなら濃厚もつ希望だけど、今回はあっさりで!と言うので、もつは、サッと下茹でしました。何で今晩はもつ鍋がいいって言ったんだよ。

前日からもつセットを解凍しておきました。

茹でないと濃厚な味になるようなので、こちらもぜひ試したいところ。


f:id:appleballballoon:20171210200858j:image

雑多すぎる。豆腐をぶちこみ。

ゴボウをいれると美味しいらしいようですが、事前に読んでいなくて(酷い)いつものやつでいいね!的な勢いで、キャベツ、ニラ、にんにく、豆腐を揃えました。

もつ鍋ポン酢味めちゃくちゃ美味しそうなのにポン酢切らしてたということに直前で気付き、次回ですね、これ。となりました。いやほんと事前にしっかり見とけよという話が多い。


f:id:appleballballoon:20171210201837j:image

小さい子供がいるのに、両親がにんにく好きなので、お構いなしで入れてしまうというある意味虐待かと思えることをしていますが、こあらくん意外にも全然気にしません。よく分かっていないのかも。

野菜は丁寧に避けています。豆腐だけあればいい。〆のちゃんぽんまで待っています状態で両親のもつタイムを眺めていました。

付属の柚子胡椒めちゃくちゃ美味しかったです!

 

ちゃんぽんでしょ!!!

これ間違いないやつです。スープが絡んで美味しいです。

ちゃんぽんは、事前に解凍せず、食感をキープすべく冷凍のまま投入です。

こあらくんは、ちゃんぽんが大好きなので、すごい勢いで食べていました。

寒くなってきてお鍋が特に美味しくなる季節になりました。

雑炊よりも断然麺派のやつが一人いるせいで(こあらくん)、麺の〆が合いそうなお鍋にすることが多いです。

もつ鍋もちゃんぽんが本当によく合います。

 

翌朝も

スープが余ったので、一晩寝かせて、キャベツや豆腐を足して翌朝もいただきました。寝かされた味もまた美味しかったです。柚子胡椒は昨晩食べきっているので、どうしましょうということで、旦那が試しに七味とうがらしを振り入れていました。私はそのままでも十分美味しいじゃん!ということで入れず。

新しい味だ。と言っていました。美味しいスープなので当然最後の一滴まで飲み干します。

これにて完食。

自分が今まで食べてきたおいしいもつランキングに確実に入りました。

 

我が家なりのレオ・レオ二祭り

いいね!

久しぶりにトークアロングで遊んだこあらくん。

私に似てせっかちなのか、すごい勢いで最後までやり切る勢いでプレイメイトにカードつっこむので反応しない。

そーっとね。が出来ないやつ。イライラしたのか、すぐやめてしまった。

ま、いいんだけど。

 

外国人が作者の絵本に期待

こあらくんのため、もあるけど、自分自身が絵本まじ楽しいやんサイコーみたいな気持ちがあってノッているところなので、自分のためにも絵本を読みます。

幼い頃読んでいた可能性があるものに再会したいので、かなり古い(時間の経過ツラ…)年代のものを中心に探します。一人の作家さんを掘り下げたり。

あとは、感覚に訴えてくる系(それは人による)とにかく自分が美しいと感じるものを手に取ります。

最近だとイエラ・マリ

絵本の文章量よりも、ついつい自分の心から湧き出る副音声の量が勝る絵本の方が好き。

とりあえず久しぶりにレオ・レオニいっとこ、という気分でした。

レオ・レオ二の【あおくんときいろちゃん】は、こあらくんの好リアクションがあったので、他の作品も?と思って。

 

あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本)

あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本)

 

 

 

はまべには いしが いっぱい

 

はまべにはいしがいっぱい (レオ=レオニの絵本)
 

 

これがキター。

モノクロの絵本ですが、美しい。数字、アルファベット、時計…今こあらくんが関心持っているものがたくさん出て来ていい感じでした。めちゃくちゃハマっています。

日本語で読み進めていく中でさりげなくアルファベットとか出てくるの…いいな。

ランダムに読み上げるこあらくん。うん、そうそう、まぁこれただ左から読めばアルファベット順に並んでるんだけどさ、という。

絵本の読み聞かせを楽しみたい、でも心の片隅では、英語にももうちょっと触れさせていきたいんだよねーと思っているところなので、こういう絵本に出会えると得した気分になります。

文章量は少ないのに、やたらと親子で会話を交わし、弾んだので、1冊読み終わるのに結構時間がかかったような気がします。

こういうのも自分が求めていた方向性なので、嬉しい。

 

ちなみに

私がよくやる、一緒の棚に並んでいるから、これもどうすか。みたいな感じで、同じ作者の作品を差し出してみるというやつ。

子供の興味ってどこに引っかかるか分からないから。

意外な本に興味を示すことがある。

これ、好きそう!と勧めても全然見向きもしないものも当然ある。

でも、図書館だからOK!トライ&エラーが気軽で楽しい。

興味が持てない。今の気分じゃない。だったら、返却すればいいだけだから。

今!読みたいやつを読めばいいだけだから。

こあらくんにはちょっと文章量が多いのでは?と思ったけど

【チコときんいろのつばさ】は、読んでー!となりました。

 

チコときんいろのつばさ

チコときんいろのつばさ

 

 

食い気味にページをめくることが多いけど、ほとんどせず、お話を理解しようとしていた気がします。大人が読んでもグッときます。

あとは【どうするティリー?】を。

 

どうするティリー?

どうするティリー?

 

 

あのかわいいネズミちゃん出てきたらだいたい食いつくよね。やっぱりね。

ということで、我が家なりにレオ・レオニ祭りを開催したとある日の過ごし方でした。

 

 

レイチェルワインのミネラルファンデーションを試した話。


f:id:appleballballoon:20171203123121j:image

肌に優しい

プレスタイプのミネラルファンデーションを探していたので試してみました。

パウダーもいいんだけど、持ち運んだときに超悲惨なことになるから。

待て待て酷い有り様じゃないか、と、めちゃくちゃテンション下がります。


f:id:appleballballoon:20171203123232j:image

ほぉ。良さそうじゃないか。

ここにパフを挟むことで、大惨事を防ぐ、と。


f:id:appleballballoon:20171203123244j:image

密着感が良かった

今使っているミネラルファンデーションも気に入っているけど、レイチェルワインも良さそうです。カバー力もあり。

子供が生まれるタイミングで、ミネラルファンデーションに興味を持ったけど、このつけ心地を知ると、やみつきです。

昔の自分は、なんてやみくもに厚化粧だったんだと思います。青春謳歌してたんだろうそれなりに。ということにしておこう。


f:id:appleballballoon:20171203174955j:image

良さを伝えたいのに手が乾燥していて、自分が全力BBAなところしかお届けできないけど。

カバー力は、BBクリームとかに比べるとちょっと物足りないものの、そこは私が一番に求めているところではなくて、つけ心地とか肌に優しい成分とか。

子供と頬が触れあっても大丈夫なものかどうか。

ピッチピチでハリハリの子供のお肌見てると自分の老化具合泣けてくる。

またひとついい商品に出会えました。

 

ミネラルファンデーションファンサイト参加中

ひらがなは教えなくていい

子供の興味が芽生えたときに勝手に読むのかも

絵本を読み聞かせていて、一緒に言うことが増えたので「ひらがなが読めているのか?耳で覚えただけなのか?」と思う時期がしばらくありました。

そして、ひらがなの絵本で、自ら指差しながら50音すべて言うことが出来たのを確認したので、こあらくんはひらがながある程度は読めるようになったんだなーということにしました。

耳から聞いていた音と、そのひらがなの形が一致したという感じ。

 

耳から

DWEのSing AlongDVDは、一発目に歌詞がついていないものが流れるけど、耳を鍛えて欲しいからです、みたいな説明を自宅体験のときに言われたような気がしたのを思い出しました。

そういえば日本語の場合、「あ」は「あ」としか読まないから、楽だな。

英語は「A」があったとして、単独で発音する場合があったり、使い方による。

後ろにくっつくアルファベットによって、発音が変わるから、ややこしいといえばややこしいかも。考えるところではないけど。

 

やりたくなかったこと

やりたくないと言いつつ、やってみたことはあるけど、例えば50音一覧表みたいなものを見せて、これは「あ」これは「い」とか言うの、つまらない。

堅苦しい。押しつけがましさすらあるようなイメージ。

人によるけど、私は嫌。こあらくんのリアクションも悪い。ない。

正直なところ、字を読むよりも出来るようになって欲しいことって、他にある。

字なんかまだ読めなくていいよ、てなる。

 

絵本の読み聞かせって本当にいい!

単純に楽しい。大人のほうも絵本によって想像力を刺激されたり、明らかに普段使っていない感覚になる。親子の会話も増えるし(あまり成り立っていないものの)。

私自身もお気に入り絵本探しに熱が入ります。

こあらくんがあるときをきっかけに絵本大好きになってから、絵本を意識して読み聞かせるようになって、一気にひらがなに興味が出て来て読めるようにもなりました。

絵本ってすごいな、と。

英語の絵本はDWE以外ほとんど持っていなくて、たまに借りてみるものの、こあらくんがハマるものがないです。

英語(アルファベット)は日本語と違って、ABCの歌やらABCカードやら単純に繰り返し触れたことで、言えるようになったという印象があります。

え、うざいんですけど。ってことで嫌いになられたら終わりだと思ったので、こちらから英語やろうだの勧めることはほぼなく、こあらくんの気持ちの赴くままに、というスタンスを保つように気をつけていました。

 

こあらくんのひらがなスイッチ

人によってドハマり絵本ってあると思うけど、彼の場合はコレ。

①あいうえおうさま

 

あいうえおうさま (理論社版新しい絵本) [ 寺村輝夫 ]

 

これで一気にひらがなコンプリート出来ました。

何回も読みたがります。

これのいいところ。

クイズのような会話も出来る。

他にも「お」から始まるものあるかな?探してみよーう!とか超楽しい。


f:id:appleballballoon:20171130192041j:image

 

②あいうえおえほん 

美しさといえば戸田さんところの絵本、という単純な私。

 

あいうえおえほん 初めて文字を学ぶ幼児のためのひらがなの正しい基本と

 

食いつきまぁまぁ。正しい書き順が身に付きそう。


f:id:appleballballoon:20171130192057j:image

見ているだけで癒されるシンプルさ。美しい。こあらくんより私が好きなのかも。

 

 ③ことばじてん絵本

どちらかと言えば今はこれ。

いろんなことばがあるんだね。読み上げて欲しいんだけど?的なリクエストを最近よくもらいます。

逆にこちらから質問して「〇〇どれ?」みたいな遊び方しようともするけど、これはあまり好きじゃないのかも、と感じています。

母がやりたがってるから付き合うけどさ、みたいな感じにも思えてくる。


f:id:appleballballoon:20171130192140j:image

 

 

ことばじてん絵本 [ 戸田幸四郎 ]

 

戸田さんの絵本は、アンケートはがきを返送すると、戸田幸四郎絵本美術館の招待券がペアでもらえます。熱海…行きたいな。



f:id:appleballballoon:20171201100333j:image

 

 

 なぞり書きしたくなる

こあらくんは鉄ちゃんなので、電車や新幹線の絵本は食いつきいいものが多いです。

いつかひらがなに興味を持った時のために…と買っておいたもの。

写真にしか興味なかったのに、最近急になぞり書きし始めました。

何でこんなに文字が大きいんだ?と思っていたけど、子供がついついなぞり書きしたくなるサイズなのかも!と急に腑に落ちました。

 
f:id:appleballballoon:20171130192401j:image

 書き順が正しく出来ているもの、ぐちゃぐちゃなもの、いろいろあるけど、いちいち言ってきてんじゃねぇよと思われたくなくて、教えることもあるけど、基本的には見守ります。

 

④でんしゃのあいうえお

 

でんしゃのあいうえお

 

絵本そのものに、ハマッた!てのは、他にも何冊かあるけど、この4冊が、こあらくんのひらがなへの興味関心をググっと伸ばしてもらった気がします。

え、何か、ひらがな教えなくていい、教えていないスタンスと思いきや、普通に前のめりじゃね?とも思ってきたけど。

こあらくんの好きな気持ちが高まったように思える絵本に出会えたら、何となく似ているような本を続けて与えたくなるんだと気付きました。またこんな感じのやつか!

 

ひらがなって“そろそろ教えなきゃ!”ではないな。日常の会話や暮らしの中で自然と育まれるのかも。

かといって、こあらくんがお喋り上手なわけではなく。会話は…続かない。

子育てには、心配事が気にすればしただけ、たくさんあるけど。

やり方を変えるとか自分の捉え方を変えるとか、いっそ放っておくとか。

いつの間にか成長しているこあらくんを見ながら、私も母として成長したいと感じます。

 

DWE中古ユーザー目線で感じるデメリット


f:id:appleballballoon:20171127075115j:image

 

モチベーションが保てない

これに尽きる。

DWEの教材を中古で購入し、1年以上過ぎ、最近全くやっておらず。

最近どころかいつからほとんどやらなくなっただろうか…くらいの勢いで、教材が葬り去られている。Sing Alongの絵本はいつも見えるところにあるけど、こあらくんが手に取る日は少ない。私から勧めてみることはない。本人の自主性に任せたいという名の「何もしていない親」。

ブログに記録することで、多少“DWE継続するゾ”という気持ちが保てるかと思いきや、全くそんなことなかった。意思が弱い親。

こあらくんがしたいように過ごさせた場合、DWEがなかなか登場してこない。

ただし、英語そのものが嫌ではなさそう。アルファベットを見ると“これ、えいごね?”と確認することがあったり、他の英語系アプリを好んで遊びたがったりすることもある。

絵本の影響なのか最近は、ひらがなやカタカナに興味が出て来たみたい。

アルファベットへの興味関心も続いていると感じるのは、カタカナのエを見て“H”と言ったり(横から見るとね)ヨを見て“E”と言ったりすること(逆さからも見るんかい)。

 

目標設定が低かったのが原因かも

2才10ヶ月現在、すべてのアルファベットを認識していて、発音可能(書けない)。大文字は大丈夫そうだけど小文字の認識がどこまで出来ているか把握しづらい。

想像以上に発音が綺麗だったので、え、いいじゃん。やったぜ。的なところから、親の思考が発展していかない。

 

教材が中古で一部しか持っていなくても効果は得られる

我が家の場合、全力で言いたい。

DWE中古にしておいて良かった。

DWE教材、他の英語関連のモノの購入費用をかなりざっくり加えると“英語に触れさせようかしら”と思ってから今までに至る月コストは14000円。こあらくんの英語面の成長っぷりを考えると、出費は許容範囲内で得られた効果は想像以上。

で、ここからどうするのよ?ってのは考えどころ。

DWE教材の次の狙いとして、マジックペンを買い足そうとしていたけど。

こあらくんは、こどもちゃれんじをやっています。

やっていると、あーはいはいってなる話だけど、こちゃれのはてなんだくんとマジックペンってコンセプトが似ている。彼は、はてなんだくんにものすごい勢いでハマり、やりまくった挙句、一気に熱が冷め、ほぼ触らない。

マジックペンも似た運命を辿りそう。それを想像すると、ちょっと高い買い物かも。

ママ友の家でマジックペンで遊ばせてもらって、どこ押しても何かしら反応がある上に、十分すぎる内容量なので、良さそうとは思っているけど。

 

やらないと感じる“衰え”

これ!最近感じる。

さすがに英語に触れなさすぎると、発音のキレというか、出来が悪くなっているかもしれないと感じました。

あれー何か以前の方が綺麗な発音だったような気がすると思うことが増えました。

なので、しょうもないところで満足してる場合じゃない。

いやほんと向上心なかったらすなわち衰退しかあり得ないから、然るべき結果です、みたいなこと感じます。

逆に言えば、やれば響く。子供の柔軟なアタマ、感覚ってすごいと思うので。

勝手に綺麗な英語を発音してくれるってのは、実感出来ます。

Threeの発音なんて、感覚だけで発音出来ていたのに最近は“さん”と混ざってるのか“さぁんりぃ?”みたいな中途半端な発音が多かったり、何だかガッカリです。笑

あとは、日本語をだんだん理解出来て、使いこなせるようになると、そっちに重き置き始めちゃうよね、みたいな様子も感じます。

確かに、環境的には、まず日本語だし、親が英語得意なわけじゃないし。

やったらやった分だけ、効果はある。

やらなきゃ、何も得るものない。

当たり前といえば当たり前のこと、感じています。

 

 

 

 

 

 

NHKで紹介されていた今話題の!お米のもみ殻でつくった天然素材まな板を使ってみた。


f:id:appleballballoon:20171101171527j:image

とりあえず、想像以上のずっしり感。

私が思っていたよりは、重かったです。


f:id:appleballballoon:20171101171543j:image

 配達のおっちゃんが気になったのか手渡すとき

「え、どしたの?鉄板?笑」て聞いてきました。

中身聞くんかい!

私が宅配を使いまくっているので仲良くなってしまいました。

 

 

 裏には滑り止め
f:id:appleballballoon:20171108182308j:image

ピタリと止まって安心して使えます。


f:id:appleballballoon:20171108182521j:image

表面に凹凸あり。水はけ非常に良いです。ふちの部分が少し高い、使用部分がふちより低い(一緒のこと言う)ため、水気が多いもの切っても汁がこぼれません。

抗菌効果があるので安心して使えます。試験で抗菌力が実証されています。

NHKまちかど情報室で紹介されていました(2017年7月12日放送)。

 

世界20か国以上の販売実績があり。日本にも上陸。

食品がもっとも直に触れる機会が多いのがまな板。より安心なものを使いたい。

抗菌効果はあったほうがいい。

可塑剤は使っていない方がいい。

できれば天然素材がいい。それがエコならなおさらいい。

なかなか他では見かけない、お米のもみ殻を有効利用してつくった「Rice Ware」(ライスウェア)のまな板です。

 

使用の際の注意事項

実際に使用してみて、個人的に挙げたいこと3つ。

1.食洗機不可(うちにはないけど!笑)。

2.漂白不可(まな板の漂白が趣味だよって人がいたときのために。)

要は、普段使いで全く問題なく衛生保てるよってこと。傷つきにくいし。

3.使用時に音が響きます。

若干甲高い。初めて聞いたときはビビるかも。

うちは普段、ひのきのまな板を使っているので例えるなら「トントン」に対して「カンカン」

使っていると慣れるけど、どうにも気になるって場合は、まな板の下にふきんを敷くと軽減されます。

さらに慣れてくると、自分自身がコントロールして音を立てずに切ることも可能。

旦那が言いました。

「音の事は、ブログに書いておいた方がいいかもね。」

独特です。

 

我が家の場合で考えると

これキター!的な落としどころと思いました。

木のまな板の良さは、個人的に譲れないのでプラスチックのまな板に戻るつもりは全くないものの、旦那には使いこなせない。

木のまな板のルールが面倒とのこと。

実際、私も手探り。

衛生は気になるけど、基本は洗剤、熱湯消毒、天日干し、NG。水道水のみ。

えーまじすか、ってことで、たまにいつものくせで洗剤で洗っちゃう。あ、やってもうた。擦るんだった。てなります。

気になる汚れはたわしで擦って、酷いときには重曹擦り込んで、あるいはカンナで削って、衛生を保つとか何とか。

え、そんなことやるわけないじゃん俺が。と旦那は断固拒否。

木のまな板は、濡らしっぱなしは不衛生だし、乾燥したらひびが入るので、気を付けないと。

手間がかかるところがむしろかわいいんだけど。

年に数回、数週間帰省するので、放置されることが多い今のまな板には、ひび、亀裂が入りまくりです。

10年くらい使うつもりで張り切っていたのに使えそうにない。

木のまな板の包丁の当たりの良さは言うまでもないですが、このまな板も今のところ問題なく使えています。

傷がつきにくく、包丁の刃にも負担なく、衛生的、毎日のメンテも楽、普通に洗剤で洗って干せばいいので、旦那も使えそうです。

 

 

 

 

 

 

絵本の読み聞かせは、どのくらいやろうかな。目標を立ててみようと思った話。

軽く立ち読みしながら考えた。

よく行く書店の絵本コーナーのほぼ毎回見てみる場所に、ある日、絵本ではない本が置いてありました。

 

【1日7分の絵本で子どもの頭は良くなる/浜島代志子】

 

1日7分の絵本で子どもの頭はみるみる良くなる!

1日7分の絵本で子どもの頭はみるみる良くなる!

 

  

 

もう1回読んで!も新たな1冊とカウントする

繰り返し3回読んだのであれば3冊読んだということにする。

そう思うと、例えば1日10冊絵本を読み聞かせる!ってことが“そんなの無理だわ”と思わないかも。

毎日は無理。決めると無理。

ただし、こあらくんの気分が乗った日は10冊どころか、結構な数に。

数えていないけど、読んでいるこっちが疲れてくるわというくらい絵本の日みたいなのがあります。

読んでー!一緒に読もうー!の中にすごくたまにDWEの絵本が入っているので、一応頭の片隅には意識があるのかな?とは思います。

 

毎日必ず!ではなく、臨機応変に!

出来ない日あり、例えば週末に少し多めに時間とったり、旦那やじじばばなど家族を巻き込めるなら、もちろんやってもらって。

本の中では、6才までに3000時間!と書かれていました。

理想は1日3回朝昼晩。6才というのは人間の土台作りの完了時期、7分というのは1冊絵本を読むのにだいたい7分という説明あり。

 

とりあえず

赤ちゃん向けだったり、文章少なめの絵本だったりも読み聞かせるので、とりあえず今のところ、1冊7分もかけて読んでいる本はない!というのがそれを知った私の一発目の感想。

とはいえ、文字を読むだけでなく、絵についていくつか語りかけをしたり、私の感想を挟んだりすることもあるので、シンプルで短い絵本でも7分くらいかかっている場合もありそう。

時間を計ったことがないから何ともいえない。計ろうと思っても、結局やらない。

 

 

試算(私はこう考えた)

6歳までに3000時間?1冊7分をそのまま当てはめて180000分、25714冊ということでいいのかしら。

え、単純に6で割って年間500時間(4286冊)って思ってもなかなかのもの。

2歳までに1000時間(8572冊)も絵本タイムなかった気がするし。

2歳から今までも、そもそも回数とか時間とか意識したことないし、計っていないしなーというところで。

例えばの、た、すら言えない。笑

 

今からやろうってことで、ざっくり3歳からの3年間で3000時間ってことにするか!?

1年1000時間。1ヶ月83時間余り。ざっくり30日で割って1日2.78時間。朝昼晩とか、朝夕寝る前とかで、1日3回各1時間ずつ(1冊7分として8~9冊?)

これが習慣化したらビビる。

 

読めばいいってもんじゃない。

やればいいってもんじゃない。

数字や“やってやったぞ”的な意識だけ気にするのは、違うかな。そこじゃないかな。

 

絵本の読み聞かせで子供は変わる

絵本の読み聞かせで、子供に変化があるということは、さしむき実感しています。

累計何時間だの何冊くらいだの、このくらいの月齢で、とかではなく、子供自身が好きだと思える絵本に出会ったときかな?と個人的には思います。

 

ものすごい勢いで暗記するよね!

あれ、うちの子、ひらがな読めたっけ?と勘違いするほど、正確に覚えていて言うことがあります。数回読んだくらいでも言い始めるときは、若干ビビる。

あ、ママは、ただ読み上げていただけなので何一つ覚えていないけど、もしかしてあなたは覚えたのかな?まじか。

ひらがな、カタカナ、教えていないけど、母語だから読めるのかな?謎です。

書いてある通り言えたときは、へー。ってなる。

やるとしたら、とりあえず英語に触れておいてくれ。日本人なんだから日本語は大丈夫でしょ、という価値観だからか、日本語を教えるという感じは全くない。ほったらかし。

アルファベット大文字は、任せてくれ!読めるぜ!英語楽しい。

というところまで勝手に成長してくれたのでそこは嬉しい。

絵本ってすごい~~~!と感動した一番の部分は日本語の成長。

短い文章で紡がれる物語。その文章には、作者の思いがぐぐっと込められていて、美しい言葉がたくさん並んでいます。

それが子供の口から出てくる。

いいじゃん。

てなります。

具体的な目標とはいえないかもしれないけど、子供がこれ大好きだ!と思える絵本に1冊でも多く出会わせてあげたい。美しい絵を見せ、言葉を聞かせたい。という気持ちが出て来たので、いそいそ図書館に通っています。