こあらくんプラス

DWE(ディズニー英語) 中古で購入!こあらくんの日常にEnglishをプラス

お母さんの「敏感期」モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる を読み終えて思ったことまとめ

お母さんの「敏感期」 モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる (文春文庫) [ 相良敦子 ]

 

タイトルはそんなに過激ではないと思った

『お母さんの敏感期』というタイトルが過激だから、会議に通らず、三度目でようやくOKだったそうで。えー別にいいと思うんだけど(感想そこかよ)。

モンテッソーリ教育に興味が出て来て読んでみた一冊。

モンテッソーリ教育って、いいんでしょ?くらいのイメージしかなくて。

 

私自身の幼少期、自宅最寄りだからとかそういうことじゃなくて、モンテッソーリ教育方針の園に行きたかった!と母に言ってみたら「え、あの園そうだけど」と返ってきた。

…通ってたんだ、私。

生かされているのかな。

子どもの「敏感期」があることを知る

備忘録兼ねているので、書き残す。

いやー、知ることが出来て良かったーまだこあらくん3歳2か月だから。

「間に合った」「間に合わせる」そんな気持ちで参考にしたい。

 

幼児期の子どもには、一生に一回きりの特別に敏感な感受性を発揮する「敏感期」という時期が訪れる。この「敏感期」になると、子どもは、環境から必要なものを吸収し、自分を創っていく。その子どもの特別な感受性は大人になるとなくなるので、大人にはしばしば理解できない奇妙な行動として目に映る。

 

ありがたい。

例もいくつか書いてあった。

そうなんだよ、子供ってたまに「な…なにやってんだ!?」ってことがあるから。

ただ敏感期を一生懸命生きているだけなのね。

幼い子どもが幼児期特有のすばらしい敏感期を強烈に生きようとしている時期、その母親は「お母さんの敏感期」であると言えないか?というところで、この本のタイトルにつながると思われる。 

我、敏感期、なう。ということで、異論なし。

 

3~6才に徹底して身につけておくべき基本的技術4つ 

「折る」

「切る」

「貼る」

「縫う」

この4つのことが自由自在にできると、子どもは自分で創造していく喜びや達成感を味わったり、次へ挑戦する意欲をわき立たせたり、といった機会を多く経験出来る。

こあらくんちょうどドンピシャの月齢になってきているので参考にしたい。

このあたりを読んで、先日散歩していて店先で見かけたおもちゃの狙いが分かった気がした。

こういうやつ↓

 

【おさるのジョージ】レーシングカード| 知育玩具 誕生日プレゼント おもちゃ プレゼント 男の子 赤ちゃん 一歳 紐通し 1歳半 エデュテ 3歳 女の子 幼児 おしゃれ ベビー 子供 0歳 玩具 1歳児 オモチャ 知育 2歳児 ひもとおし 子ども 一歳半 1才 一歳児 キュリアスジョージ

 

見本で現物だけ置いてあったけど、どうやって遊ぶのか分からず、旦那は紐通してメダルみたいな感じにして首にかけていた。

…じゃないよね~みたいなことを言いながら。

縫うような感じで紐を通すんじゃない?と私がちょっとやってみた。こあらくんも少し興味を示していたけど購入には至らず。

この本読むと、買いたくなってきた。

「縫う」を楽しむことが出来るよね。

ちなみに、本の後半には、モンテッソーリ教育要素モリモリの手作りおもちゃの作成例がたくさん載っていた。

買わなくてもいい、家にあるもので作ればいい、と。

しかし、私はやりたくな…(言うな)。

 

己の血肉になったなーと思える本を読むと、また新たな気持ちで子供に関わっていけそうな気がしてくる。

 

自分的スキンケア改革。ヴァントルテを試した【VINTORTE ボタニカルモイストシリーズ】


f:id:appleballballoon:20180320204919j:image

 

トライアルセット

 

 

中身

①ミルククレンジング(ボタニカルモイストクレンジングミルク:しっかりメイク向け)

洗顔フォーム(ボタニカルモイストウォッシュ:ナチュラルメイク向け)

③保湿化粧水(ボタニカルモイストローション)

④保湿美容液(ボタニカルモイストセラム)

⑤保湿クリーム(ボタニカルモイストクリーム)

 

使用順は数字順

洗顔フォームは朝夜、クレンジングはしっかりメイクのとき夜に使用

 

ボタニカルモイストシリーズ は、美容皮膚科医監修、敏感肌でも叶うエイジングケアというのがコンセプト。

いいじゃないか、私が好きな感じ。

ということで試したわけだけど、やはり良かった。

 

 ◎ミルククレンジング


f:id:appleballballoon:20180324221805j:image

普段ミネラル系のナチュラルメイクなのでクレンジングは要らないと思っているけど、ミルクタイプで肌に優しい使用感。洗い終わりが個人的にちょっと分かりにくい。

ダブル洗顔不要!

 

洗顔フォーム

 
f:id:appleballballoon:20180322225516j:image



f:id:appleballballoon:20180325082023j:image

 

やや多めに出してあまり泡立てずに使ってみると、泥パックをしてる感覚になれた。勧めているというより、私がとりあえずやってみた。という感じ。

要らないものを取り払ってくれて、必要なものは肌に留めておいてくれる使用感。

Good !

 

◎保湿化粧水


f:id:appleballballoon:20180325082231j:image

はい写真分かりにくい。

とろみはあまりない。潤う。ハンドプレスすると手が吸い付く感じもあり。仕上がりの好みがさっぱり系でもしっとり系でもいけそう。

 

◎保湿美容液

化粧水のときみたいな感じになるので写真割愛。

ややとろみあり。馴染みますな。という感じ。

 

◎保湿クリーム


f:id:appleballballoon:20180322230226j:image


f:id:appleballballoon:20180325082324j:image

その名の通り、保湿出来る感じあり。

 

丁寧な表現が出来ないものだな、と自分の語彙の引き出しの無さにビビるけど。

良く言えば、いいものって、余計な説明が要らないよね!使えば分かるよね!

“いい”と肌が言っている気がする。

ライン使いしてみて感じる。

しっかり保湿出来るので、仕上がりがかなり満足。

 

 

感想

私が特に気に入ったのは洗顔フォーム。

固形石鹸大好きでよく使うけど、だからといって断固として固形石鹸しかチェックしない、使わない、というわけではない。

いいものを見落としそうな気がして、そこはあまりこだわらずに探すタイプだけど、今回は、いい出会い!

ライン使いでより良さを感じられたような気がする。

私は、肌に合わせて惜しげもなく使うときがあるので、推奨使用量を守ったり守らなかったり、アイテムによって使いきるまでの日にちに差が出る。

どれも終始非常に満足いく使い心地で良かった。

こあらくんの入園式に、少しでもいい状態の母ちゃんとして引率できるよう悪あがきばりに最後の調整をする。笑

 

ボタニカルモイストシリーズのお試しはこちら

 

DWEのことは忘れていなかった


f:id:appleballballoon:20180311075216j:image

“そのとき”はいつも突然

子供の自主性に任せるという名の放置的な。そこらへんに関しては怠惰な子育てをしているので、日常生活において、私からDWEすることを誘ったり、勧めたりは、ほとんどない。

本人が欲しないタイミングで強要しようもんなら、嫌いになられそうという気持ちが強いから。英語も私のことも。やらなきゃいけないことではないし。早期教育に懐疑的な見方もあるわけで。

短期間ではあるけど(最初のほんの1ヶ月くらい)張り切りまくって自分としてはそこで情熱が費えたので(早っ)あとは細々。超!細々。空白期間モリモリで今に至る。でも、何かしらは彼に響いていると思えた。

突然balloons(DISC3)をワンフレーズ口ずさんで

“見る”と。DVDを再生しろ、と。

急に来るものが来るといろいろビビる。

いつのまに英語で歌えるようになったのか、とか(音痴だけど)。

DWEのDVD、内容を多少は覚えていたのね。なぜ、今、見たいのかは謎すぎるが。

嬉しい。見ていいよ。という選択肢のみ。

 

 

 

奏功

奇跡的なリクエストは何度もあるわけがなく、そのとき以降DWEのDVDを欲することはないけど、久しぶりにトークアロングをやりたがった日も。

随分前に見かけた成長記録ネタで“自分でプレイメイトにカードが通せます”という我が子の月齢が随分低かったりして、一体何歳から出来るのか、と思うことがあるけど、こあらくんは、3才1か月現在…

全くカード通せず。せっかちなのか。不器用なのか。

そんなスピードで通してんじゃねぇよ!早ぇんだよ!と言いたい気持ちをグッとこらえ…ることなく、つい注意してしまう。

私の見本の甲斐なく相変わらず学習能力ゼロ状態が続いている。

毎日コツコツという感じはない。きっとトークアロングDAYだったんだと思う。情熱は、その日だけだった。

とりあえず、カード通してくれ、と。もはやこあらくん聞いてないだろ、終わりね!と片付けようとしても、やってくれ、と。

終わりじゃないんだ、と。

 

私は、400枚以上カードを通して、ほとんどただの鬱状態だったけど、さすがに彼は満足げ。1時間くらいやってたよね、時計は見ていなかったけど。ゾッとするよね、勘弁して。

たまにマネして発音して、分かるものは先に言っていた。

黙って聞いていることがほとんどだったけど、少しは頭に残っていると期待したい。

なんだ、まだまだDWEに興味あったのか。それが分かっただけでも大収穫。

 

様子見

去年の今頃、2歳になったこあらくんに英語系の教室に通わせるか否か、狂ったようにあちこちレッスンの体験をしたことを思い出した。二度としないわ狂気ってすごい。

ただ、先日一つほど。

近所に新しく英語教室が出来る(ブランド刷新)というので、体験させてもらってきた。

そこには、2才の頃から通っていて2年目という女の子が2人いた。

結論:大丈夫。こんな感じであれば、自宅学習でも十分スキルは磨ける。ただし、今のところ。

たまたまそんな日もあるよね、という1日ではあると思うけど。

預けるスタイルで、レッスンは子供だけで受けるもの。うちは体験なので、私が一緒だった。

日本語を禁止していないこともあって、女の子同士私語が多かった。もちろん日本語。母親同士も仲良くなったと思われ、このあとは一緒にランチして遊ぶ、ということも言っていた。そういう私語を先生が注意しきれていなかった。ネイティブ講師一人、日本人講師一人という贅沢な体制なのに。

1人は、来たときから機嫌が悪く、やらない、と部屋の端で拗ねていた。

やりたくはないが認められたいのか「schoolは学校のことでしょ?hospitalは病院だよね?」と、私、分かってるからね!的なアピールは忘れない。いやいや日本語飛び交いすぎだろ。何月生まれか知らないけど、こんなにお喋りが上手な子とも同学年になるとは、こあらくん、春からの幼稚園、刺激ありまくりだね!とそっちの方が気になった。

初めてでもそれなりについていける内容。

特にアルファベットは得意なので、反応が早く、ほぼこあらくんの独壇場になってしまった。

それが気に入らなかったのか、私には想像出来ないことを考えていたのかとにかく、少なくともそのかわいい顔が台無しです、な表情で、一人の女の子がこあらくんのことをずっと見ていた。

こわいです。

まぁ、とりあえず、これからもマイペースでやっていこうと。

 

 

 

2~3歳児の発達相談するとき、したとき、すべて終わったときの気持ちの変化


f:id:appleballballoon:20180226231258j:image
 

ようやく区切り

こあらくんの発達相談、経過観察、これにて完全に終了。

発達専門医からの、至極マイペース、幼さが残る、周りへの関心がまだ薄い、という見立てはあるけど。まぁとりあえず、春から幼稚園で集団生活が始まってから、どう変わるかな?というところ。

困ったことが出て来た、幼稚園の先生から何か言われた等あれば、また相談して下さい、と。

まぁそうなりますよね。

 

 

結構萎える

感じ方の個人差、相性、いろいろあって、私が思うこと。

発達専門医との面談みたいなのが一番萎える。

ご参考までに。事前情報を探している方いれば、覚悟しておいて損なし。

子供目線、子供思い、という印象があり、直接言われるわけではないし、私が勝手に感じていただけのことだけど。終わるとドッと疲れが出るほど萎える。

 

おまえ、この程度のことが心配なの?気になるの?イライラするの?怒るの?

 

笑わせんな、くらいの圧を感じる。もうなんかすごい圧を。

私の考え方とか捉え方を試されている気分。最悪。

いやまぁ、発達相談に駆け込む親のほとんどが、悲壮感たっぷり、エピソードは盛る勢い、うちの子が心配です、不安です、こんなことがありまして…というところなんだと思われるけど。客観的な判断など出来ないし。

本当に丁寧なケアが必要なケース以外はさっさと処理するのかもしれない。

 

意外と外面いい

幸か不幸か、うちのこあらくん、ソトヅラがいいのではないかと、いつからか思い始めた。

おい、それだといつものクソ加減が説明できないだろ、もっとぐずれ。

と思ったりするけど、意外と機嫌がいい。ニコニコしている。

最悪(親の都合)。

 

不安な気持ちは吐き出そう

思い返してみると、あれ?うちの子おかしくないか?どうなの?心配!!!って思っていた頃、全然順番が回ってこない発達相談に気が狂いそうだった。

どれだけ待てばいいの!うちに早く順番回して!どうせ皆大丈夫なやつでしょ。極度の心配性で構って欲しがりの人が殺到してるだけでしょ。そういう人は後回しにして欲しい。みたいなこと思うほど心は荒んでいた。

早期発見早期フォローじゃないの?なんて、何となく気持ちも焦っていたし。

それが、たくさんの専門スタッフの方のお力添えのおかげで平常心を取り戻せました。

こあらくんもたくさんの人に構ってもらえて、いい機会でした。

これでもか!というほど、たくさん相談に乗っていただきました。こちらが話すことなくても、待ってくれて、本当にこれで全部?話し忘れたことは?と、想像以上に手厚くフォローしていただきました。

女って喋ると元気になるよね。ただし、発達専門医に対しては別。私の場合。

 

ソトヅラいいのは問題ない

これは先日の子育てに関する専門家の講演会で言われたこと。

ソトヅラいい子供は問題ない。

親に全力でぶつかってくる子供は、親の愛情をしっかり受け止めている。だから、甘えたい気持ちも含めて言いたい放題やりたい放題だったりすることもある。

自分のことを受け止めてくれる存在がいる、居場所を感じられるから、外に出たときに適切な行動が取れる。

ウチヅラだけいい子供は問題あるかも。関わり方を見直して?と。

親の顔色を窺って、親の前では“いい子”だけど、その歪みを外で発散する。

荒れていて、問題行動が見られたりして、親御さんに報告しなきゃいけない場合が出てくるけど、ウチヅラいいから親がピンと来ない。

うちの子に限ってそんなことはないです、となる。

これは不幸です。

なんて話がありました。

 

都合よく自分で解釈してやっていこうかな。

こあらくんのソトヅラがいいのは我々からの愛情を受け止めているのだと。全力でぶつかって来ていて、とりあえず、めちゃくちゃ甘えているのだと。

成長に期待。

 

3歳児の子育てで試したいこと


f:id:appleballballoon:20180215155401j:image

自分のまとめ

こういうのどう?という提案ではないんです。

最近いろいろあった中で、自分がこうしていきたい、やっていこうかな、と思ったことをまとめておこうと。

 

 

母親から学ぶ人間関係

先日、幼稚園にて、専門家による子育てに関する講演会に参加する機会がありました。その中で、考えたこと。

私も積極的に、新しい環境なりステージを求めてみるか、と。

新たな友人を見つける勢いで、人と関わることを面倒くさがらない(面倒なのかよ)。

これを、2018年の目標に。

子供は、まずは母親から人との関わり方を学ぶようです。

母親が、夫と、家族と、友人と、日常生活の中で関わるいろんな人と、どのように接しているかを見ている、と。それを自分に応用するんだという話がありました。

子供に対して、お友達と仲良く遊んでね!なんてことを言ってばかりいないで、自分自身も積極的に人と関わっていこう。それを子供が見て勝手に学ぶよ、と。

まーそう言われたらそうかもなー。

人は一人じゃ生きていけない。関わり合い、支え合い。ふれあい。

子供は、勉強が出来ないだけじゃ学校に行きたくならない。人間関係でつまずき、傷付き、立ち直れなくなったときに学校に行きたくなくなる、社会との関わりが嫌になる。下手すりゃ引きこもる。だから、勉強が出来るかどうかはどっちでもいい(出来た方がいいのかもしれないけど)。友達が出来て楽しかったり、人との関わりが楽しいほうが人生が豊かになり得る。

そういう子供の幸せを願うなら、自分がどうしたらいいか分かるでしょ?みたいな感じでした。

子供を暴君にしないために

子供の要求を聞きすぎないこと。

私の課題はこれかな、と感じます。

何だかんだ私は甘い親なのではないかと思うので。

かわいい我が子だし。興奮して暴れる?泣く?ギャーギャーうるさいよりは、うん、聞くわ、あなたのその要求。言う通りにするわ。

…には、気を付けてね!と。

これは、臨床心理士の先生のお言葉。子供が家庭内で暴君になっていく。

今の“そうは言ってもすべてかわいい”が、10年後、どうなってる?

同じことしているとか、酷くなっていて、それでもかわいいか?を考えてみると…

全然かわいくない。まじでクソ。思春期だったとしても、このまま大人にするわけにいかない。でも、修正しづらいかも。年齢的に。今やれることを今したい。

 

 

 

先日、発達の程度を確認する検査、田中ビネーをやりました。知能検査。

大躍進。結果は、月齢プラス3か月。

先月の保健師の面談と検査だと言葉面はまだ2歳くらいってことだったが。

よく分からんが、何だかんだで月齢相当ということでいいのかな。

 

<先生の見立て>

分からないから喋れないわけではない。分かっていると思われる。

これ、出来るかな?と、いろいろなことをやらされる中で、正解するだけでなく、選んで、処理を完了するまでのスピードが月齢を考えると、かなり早い。この、いろいろ感じ取ったゆえに出来ると思われる反応の素早さみたいなのは、良いこととも言えるが…入ってくるものが処理できるものより多くて混乱することにつながるという心配要素にもなり得る。要は捉え方次第。

試されているような聞かれ方に警戒して、何も言えない、言いたくないという見方が出来たので、人の表情をよく観察して、その心理まで想像しようとしているとも言える。

 

場の雰囲気が和んだり、褒められおだてられると、だんだんノッてきて口数が少し増える、声を張る、ということもあったので、そういうときは分かりやすいな、と私から見ていて思いました。

ゆっくりすぎる成長はやきもきするけど、月齢以上の成長をガンガンして欲しいということではない。

欲しがり。平均を求めちゃう。結構難しいと思う。そもそも平均って?てなるし。

今しか出来ないことをして、感じて、楽しんで、成長して欲しい。

私も母として、という子供ありきの自分だけでなく、人として成長したい。

子供だけ成長して自分は変わらないのは退化してるのと一緒。まして、退化だけってのはあり得ない。ただの老化が避けられない以上(笑)、他のことで何かプラスの変化を自分自身にも。

 

 

3歳児と数字


f:id:appleballballoon:20180203205745j:image

 こあらくんが数字に興味を持ったきっかけになったのではないかと私が勝手に思っている絵本

 

【中古】 かぞえてみよう1、2、3 ミキハウスのめくってたのしいしかけえほん2/シアンタッカー(著者) 【中古】afb

 

2~3年前にB級品市みたいなやつで、安く買えたもの。

本棚に入れっぱなしでした。

2才…も終わりかけの頃、見たがる頻度が増えた気がしていて、最近また引っ張り出して来ては見ていました。

ある日「数える」と言い、この絵本と爪楊枝を持って来て(子供の手の届かないところへしまえよ)せっせとカウントしていました。いや爪楊枝要らんだろ。

英語にも触れさせるんだ!と、とにかくいきり立ちまくっていた去年あたり、何度英語で数を教えても、日本語で言いたがるという、俺の意思ここにあり!的な感じだったこあらくん。やはり日本語で数えています。

ちなみに、この絵本は英語表記でも対応しているのでバイリンガル育児したい方にもおすすめ。


f:id:appleballballoon:20180205190735j:image

とりあえず、かわいい。各ページにしかけがあります。


f:id:appleballballoon:20180205190803j:image

ペラリとめくると、またしても対応する数のかわいいイラスト。

 

数字が好きなのかもしれないけどよく分からない

このくらいの月齢だと、数えることが出来ても概念の理解が伴っているとは限らない

というのは、知識として得ました。

何歳で、数をどのくらい数えたら、平均的なのか。すごいのか。ちょっと遅いのか。

調べてたつもりだったけど、クリアな答えに辿り着かない。よく分からない。よく分からないから、「それ知ってどうしたいんだ」と自分にツッコんで終わりました。

一つだけ経験として感じたこと。

インプットは裏切らない

促していないのに、たまに英語で数を数える機会が出て来ました。

この次は何?という感じで聞いてきてとりあえず、20まで英語で一緒にカウント。

へぇ~そうかそうか。みたいな感じで機嫌が良くなったことがありました。

本人が知りたいことを知りたいときに知る。ってのは良いのかな?と思いました。

 

自分のことは、結構テキトーな育児してるなーという自己分析はありつつも、去年の自分を振り返ると狂気を感じます。バイリンガル育児というか英語にも触れされるんだ!とイキっていた、うん、かなり。

そのときにしか出せない情熱で同じこと今やれってのは絶対無理。

怒濤の勢いであれこれあった2歳代は、ただの過去になりました。 

今年は、こあらくんの3歳代は、どういう風に、過ごしていこうかな~なんて思ってみるけど、春から幼稚園が始まるので、とりあえず、今は準備を楽しみたいな、と。

そういえば、うち、いわゆるフツーの幼稚園に行く予定だわ、大丈夫なのかしら。

待ち遠しくはないけど、気にはなる、発達に関する検診まで、あともう少し。

【レビュー】固形石鹸大好きなので。ナーブルスのオーガニックオリーブオイルソープ。


f:id:appleballballoon:20180121200723j:image

 

Simple is  Best!

Since1611ってまじなの?え、歴史すごいよね、ていうことも思いながら、出会えて良かった。

1611年からの歴史を誇るパレスチナのオーガニック・ヴィーガン石鹸「ナーブルスソープ」

試しました~!

何度も言いたい。固形石鹸が好き。

顔も体もこれでいこう、と。

成分はシンプルな方が好き。少なければ少ないほどテンション上がる。

固形石鹸は、案外というか、普通に!大きなトラブルなく、快適な使い心地のものばかり。

洗顔フォームだの、ボディソープだの、欲張りか!というほど何かいろいろ成分入ってるやつの方がトラブルあったりする。

 

 


f:id:appleballballoon:20180121201022j:image

開けてすぐ石鹸ドーン!


f:id:appleballballoon:20180121201245j:image

パレスチナ産。

何だろう。石鹸に関して言えば、地中海沿岸が熱いのかな、みたいな気持ちこみ上げる。つい期待したくなる。

有名なあの石鹸とかも、地中海のね、あの辺りで生産されていますしね。

 
f:id:appleballballoon:20180121220009j:image

かわいい~刻印いい~

 

使い始めの固形石鹸。私は、濡れた顔、体に、かっさのごとく滑らせて楽しみます。

後から追加でちょっと泡立てたり、立てなかったり。

 

固形石鹸は、使っていく中で、どうしても柔らかくなってしまいます。気を付けていても、小さくなって来て最後の方になると、どぅるどぅる…

石鹸でかっさごっこ出来るの最初の頃の特権なのでやっちゃいます。

 

非常に上品な香り!

そして、しっとりとした洗い上がりで気に入りました。

石鹸って洗い上がりがつっぱるというイメージ、昔は持っていたけど、いろいろな固形石鹸を使っていくうちに自分の中でそれはなくなりました。

あまりに熱いお湯を使わないとか、使い方の部分もありそうだけど。

世の中にはいい固形石鹸がたくさんあると感じるので、試すのが楽しいです。