こあらくんプラス

DWE(ディズニー英語) 中古で購入!こあらくんの日常にEnglishをプラス

発達相談一段落。


f:id:appleballballoon:20170726094827j:image

落ち着いたような。

①こあらくんの成長に「ん?」と思うことがあり、

保健師さんに発達相談

 

appleballballoon.hatenablog.com

③正常範囲内の個人差とは思う、と言われて

④保健センター主催、おそらく一般非公開、発達相談からの紹介という形を経たパターンのみの人達で構成されるであろう親子教室に参加することに。

appleballballoon.hatenablog.com

⑤全8回分参加資格あり。4回分消化したら経過観察兼ねて保健師と面談。

保健師の私から見ても、こあらくんはのんびり成長ではあると思うけど…最近どうですか?気になることはありますか?発達専門医だったり、臨床心理士の診察とか面談希望されます?と言われる。

まじすか。

希望すーーーるーーー!!!

お願いしました。

保健師による検査&面談

臨床心理士による検査

⑨発達専門医による診察

 

うちの発達相談のあれこれ、以上9ステップ。

 

どんなこあらくんであれ、私がやることは変わらない。いわゆる“フツー”と判断されようが、そうじゃなかろうが、全力で子育てするのみ。

 

まぁでも仮に、より丁寧なケアだったり、専門職や専門プログラムなりでのフォローが必要な状態なのであれば、大変恐縮ではありますが、何卒ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

とは思っているというだけ。

 

親のメンタルケアを含めているというか、母親を精神的に追い込んではならぬ、くらいのことを思われているのか、声かけ内容はすごく配慮を感じるし、温かいやりとりが基本的には出来ます。

お母さんは十分やれることされているように思います!今の感じでいいんですよ!みたいなこと言っていただけます。

 

田中ビネー式知能検査

だったと思う。やりました。こあらくんは、言葉面の成長がゆっくりなので、スコアは低く月齢より7か月近い遅れがあるようでした。

ざっくりとした検査ではあるし、言葉が出ている子のスコアが高くとられやすいというか有利な検査だと説明がありました。言葉の成長がゆっくりということは、そこが足かせとなりスコアがグッと下がります。

え、7か月“も”遅れてんの!?ってなりそうですが、極めて稀なものではないと説明を受けました。

もう私、旦那がこあらくんのことを心配している姿を見飽きて、このくらいのこと全く動じなくなりました。

そして、あーそれ英語だったら出来たかもしれない、前やったときは英語だったら出来た…って検査内容はありましたが。

とりあえず、そこはどうでもいい。

検査の趣旨に合わないし。

こあらくん自身“何かを試されている?”というのは感じていたと思います。

“え、なぜ今こんなことをするのでしょうか…”みたいな違和感があったかもしれない。

一応、普段と検査時のこあらくんの態度にどのくらい違いがあるか口頭で伝えました。

あんまり変わらねー。笑

心理士さんは、視線の合い方とか、しぐさ、行動など総合的に判断すると、病的な心配要素、懸念すべき雰囲気は全く感じない、という感想でした。

まぁ、それ言われても別にホッとはしない、というのが本音です。

病名がつくかどうかはどっちでもよくて、毎日子育てしてたら、楽しいときもしんどいときもあります。喜んだり心配したりせず、淡々と話を聞きました。

あとは、発達専門医の判断に委ねることになりそうです。

 

保健師さんが気にかけて下さるのは非常にありがたいが

あら探しをされている気分になるときもあります。

どんな感じで1日過ごしているんですか?

何時に何をするんですか?

食事内容は?

習いごとは?

プレ幼稚園での様子は?

こあらくんのことで夫婦間のぎくしゃくとか喧嘩みたいなのありますか?とかも。

ちょっとした話の内容も逃すまい!と意気込みを感じる会話しながらの保健師さんのメモとり。すごいな。

対する私も、盛りもなく、遠慮も嘘もない話をしようと心がけます。

さすがプロ、信頼関係を築くのがお上手な保健師さんばかりで、こあらくんへの関わりも回を重ねるごとに、温かく、ありがたい関わりばかりです。

 

発達専門医の見解

「様子見」

半年後に、検査と検診やりましょう。以上。

月齢よりはゆっくりした成長だと思うけど、偏りは感じない、というのが今の見立てのすべて。

「大丈夫…ということですね?と聞くのは変ですが、これからも普段通り過ごしていけばいい、という感じでしょうか?」

とバカ丸出しの質問をしてみると案の定…

 

大丈夫かどうかという話ではなくて、こあらくんの今の発達段階に合った関わり方をすればいいんですよ。

 

あーすみませんバカで。はい、分かりました!

2歳6ヶ月と思わずに2歳前後のイメージで。

多くを望まない。教えようとしない。こあらくんに合わせる。

 

思ったんだけど

発達専門医は女医さんで、かなり凛とした雰囲気。若干怖いかも(親に対しては)。

癇癪のことや、我の強さ、こだわりの強さ、最近困っていることのエピソードを披露してみるものの。

いやこれ私が感じた勝手な感想。

 

2歳でしょ?(2歳6ヶ月です。)

 

そんなもんよ?

 

(ていうか、おまえこの程度で相談しに来てんじゃねぇよ。くらいの視線。)

 

うん、怖かった。

そして、自分自身この心の声が出たことで気付いた。

私は何だかんだ結局のところ、大してこあらくんのあれこれを気にしていないんだというクソみたいなオチ。この数ヵ月で成長した自分。母の経験値が少し上がりました。

 

心配しまくり不安感じまくりの不器用な旦那を何とかホッとさせたい(療育もしくは“大丈夫だよ!”的なことではっきりさせてあげて、次のステップへ)。

育児に喜びや楽しみをたくさん感じ、共有したい。

これが親目線での一番の思い。

こあらくんは、毎日楽しけりゃそれでいいよね。

発達専門医の診察を一番頼りにしてたけど、やりとりは一番もやもやしたという意外な結果。

 

子供の数は減っているはずなのに、施設や人手不足か、療育も発達相談も、順番待ちの激混み。

すごく不安なときは「どうせ結局は大丈夫なパターンばっかりなんだろうから、早くうちに順番回してよ!」て思っていました。

待ち遠しくて待ち遠しくて。

でも、今は、あのときくらい不安を感じるまでは、まぁいいかと思う余裕は出来ました。

日々こあらくんは成長して、状況が変わります。

保健師さんたちと信頼関係を築けて、こあらくんを認識してくれている強みが得られたことは大きいです。

「何か気になることがあったら、いつでも連絡下さい!」の言葉の重みが初めてのときと、今とでは全然違います。

子供のことですごくしんどい思いをして、メンタル参ってる親御さんは、抱え込まずに、まずは相談してみるのがいいと思います。

想像以上に、フォローしていただけるし、子育ての励みになります。

 

区切り

親子教室、残すところあと1回。楽しい日々はあっという間です。

少しでも検査のスコアを上げたかったら、検査でやるようなことを日常の遊びの中に取り入れ、予習するような過ごし方も出来そうだけど。

テストに備える過ごし方みたいで、若干堅苦しい。

どんなにナチュラルな会話を装っても、実力を試すような雰囲気になると思うので、こあらくんは嫌かもしれない。

多くは望まず、今のところ基本的には元気で笑っていてくれれば母は満足です、というスタンスでいきたいと思います。

夏になりました!楽しい思い出を作ってあげたい。

ドルチボーレのベビートゥースペーストジェル(赤ちゃん歯磨きジェル)のおかげ。イヤイヤ期の歯磨きは順調。


f:id:appleballballoon:20170718180507j:image

グレープ味の歯磨きジェル♪

こあらくんが感想とか喋れるわけではないので、私も使ってみました。

さわやかなグレープ味。うがいをするとき、1回でスッとまとまって排出出来ます。この点もいいと思いました。

お値段は、1本1,814円と、決してお安くはないですが、食品レベルの原料で作られた赤ちゃん用歯磨きジェル なので、安心。そして、まとわりつき具合がちょうど良く、歯磨きしやすいです。


f:id:appleballballoon:20170718180529j:image

傾けたらちょっと流れる。歯へのまとわりつきはいい感じです。

 

こあらくんのリアクション

何かとやかましいこあらくんですが、歯磨きは好きです。

こちらのジェルで磨いてみました。

初回だけ若干苦戦。今まで使っていたジェルと違うことに気付いたのか、ん?何?何?みたいな戸惑った表情がありました。2回目からは、早くも慣れたようで基本的にはご機嫌で受け入れてくれます。

今は歯磨きしたくない!というぐずりはあるけど、歯磨き自体は好きなのでブラッシングが始まってしまえば、基本的には順調。

今までは、嫌がった場合、無理やり磨くこともあったけど、あまり効果的ではないと思いました。

一番良かったのは、やっぱり笑わせること。旦那がこちょこちょしたりしてこあらくんを笑わせて&押さえて、私が磨く(&危なくないように押さえるところは押さえる)というパターンで、乗り切りました。

大きな口でハハハ~って笑っている間に磨いてしまうのが結局一番いいです。口の中がよく見えるし、子供は上機嫌だし。

 

継続中

こあらくんが受け入れてくれたので、毎日使わせてもらっています。ヨカッタ。

実は、それまで使っていた歯磨きジェル以外のものを試して、すごく嫌がって結局いつもの銘柄を使うことに、という経緯があります。

今回は、どうかな?と気になっていました。

うがいが上手になった時期と重なる嬉しい効果もあります。

1回のうがいですっきり出来るし、そもそも飲み込んでも大丈夫な材料で出来ているので心配要りません。

寝かせて歯磨きした後、意気揚々とこあらくんはうがいへ向かいます。

出来たー♪歯磨き気持ちいいー♪という満足げな表情を見ることが出来て嬉しいです。

ママ友にも勧めてみようと思っています。

 

 

POLA 新感覚美容液B.Aセラムレブアップ GET~♪ レビュー “30代からはPOLA”を地で行く


f:id:appleballballoon:20170718180216j:image

勢い余って張り切って購入♪

ポーラ最高峰ブランドB.Aの美容液【B.A セラムレブアップ】

良さそうだったので。

30代からはじめるB.Aということで購入。

この夏頑張らないでいつ頑張るのよ、と旦那にアピールして、暑さに負けないみずみずしい肌作りに向けて投入します。

上がるー。パッケージデザインからして上がるー。見えるところに飾ります。

 

3つのこだわり

①肌の自浄サイクル機能に着目し、ポーラオリジナル成分を配合

肌のすこやかな状態をサポートすべく、ポーラオリジナル複合成分SBフレッシュ₋Rが配合されています。

 

期待大!!!

 

②濃密なとろみと心地よい浸透感を両立

肌(角層)のすみずみまで浸透するエマルションと、肌(角層)をふっくら柔らかく保護するオイルを配合。濃密な感触のセラムが肌になじむ処方です。

これは、毎度感動します。とろっとしている感触ありつつ、もれなくしっかり肌に入っていくのを実感できます。

 

③美しくなる気持ちが高まる感性品質

≪感触≫

濃密でありながら、はじけてスッと肌(角層)に広がり、浸透。みずみずしいハリ感を与え、フレッシュな肌印象を目指します。

 

手に取ったとき:ぷっくり濃密

伸ばしているとき:弾力あるエッセンスがぴしゃっと弾け、スッと広がる

後肌:みずみずしいハリ感を与え、保湿する

 

ハンドプレスしているときに「あ~何だかいい感じ~♪」てなります。

 

≪香り≫

グリーンフローラル調のフレッシュで優雅な香り

 

癒される香りです。

 
f:id:appleballballoon:20170719191359j:image

使用感など

さしむき、私がPOLAの商品を使っているときに思うこと。

自分でもびっくりするほど、すっごく気分が上がる。

気分だけ上がったところで、肝心の効果は!?となりますが、使用している中で効果も感じます。これが、私がPOLAを選ぶ理由の一つになっています。

他ブランドのものも、ある程度高価なものも、使ったことはあるけれど。

気分が上がるってのは、単に値段じゃない。パッケージだけでもない。

効果が感じられたら、安価なものでもコスパ最強!と満足できます。

でもやっぱりPOLAは自分の中で別格です。

【POLA B.Aセラムレブアップ】 の場合は、まず、これだけの量でしっかり保湿出来ていることを感じます。すごいことです(もちろん、事前に化粧水で整えます)。


f:id:appleballballoon:20170719191333j:image

2プッシュがこの量。

順番としては、美容液なので、化粧水と乳液の間に使います。

とりあえず、今使っているスキンケアラインに追加するだけでいいという気軽さが魅力です。

肌断食という名のシンプルなケアも流行っているというか、そういう手法もあるようですが。

夏の美容は、丁寧に!

やりすぎくらいがちょうどいいくらいの気持ちで、紫外線にやられがちなお肌をケアすることが大事です。

ただでさえ私は、しみとかしわとか、毛穴とかたるみとか、悩みが尽きないので。ケアしている最中は、幸せ気分に浸りたい。

そんな私の気持ちを決して裏切らない。これからもよろしくお願いします。

 

 

簡単な英語で、一言言った。


f:id:appleballballoon:20170720134654j:image

 

超簡単な一言。

私が聞いたこあらくんの初めての英文一言。一応私に向けて、ではありますが。

 

This is Jumpy!

 

おさるのジョージを見せていました。

ジャンピーというリスが登場したときに言っていました。

チップ&デールの影響と思われますが、リスとかリスっぽく見えたものはもれなく“ちっぱ”と言って反応していました。

ジャンピーのことも、例外なく“ちっぱ”と呼んでいました。

発音は正直チャンピーにも聞こえますが、ここ最近、いつの間にかジャンピーと言うようになったので、成長を感じていたところ。

George and Jumpy !

見えたもの言ったのかな。みたいな感じのときもあります。お気に入りのようです。

ハンドリーのこともワンワンとしか言ってなかったのに、いつの間にか名前で呼ぶようになっていました。

相変わらず、好きね。なんて。dogと言えても、そこはワンワンかい。

いぬ!じゃなくて、ワンちゃん♥️と愛でているイメージということで。

吠える姿を見ると「bark !bark !」と言うこともあるので、おーここにDWEの効果キターと感じます。

 

アニメ比べ

慣れたのもあるけど、私個人的な感想だと、おさるのジョージは、副音声で見たときの英語が聞き取りやすいです。そして、ストーリーも何だかんだ一番好きです。教訓が含まれていて、オチがついている。非現実的な部分は多いけど、現実とリンクしていて知識が得られることもある。

何と比べているかと言うと、きかんしゃトーマス

きかんしゃトーマスのお話も見るようになったので、たまに英語で流しています。

お話は楽しいものが多いけど、仲間同士でいじわるしたり、ちょっと乱暴な口を聞いたり、しょうもない小競り合いがあるので、微妙な気持ちになることがあります。

え、そこ別によくね?とツッコみたい。

ゴードンだから許されるけど、原作よりアニメの方がオレオレ感が強いですね。

原作の訳も男性が訳しているからか、ゴードンがより威張り散らしているように思えるんだよなー。て感じたけど、よく分からない。絵本ですらいっそ英語のまま読み進めたい気分になります。読解力に難ありだけど。

アニメで乱暴な口調が聞こえて来ると、ニュアンス処理出来ず、ダイレクトに響くから微妙。

 

おさるのジョージは何かとやらかすので、そこだけを切り取ると、見せたいわけではないけど、登場人物すべてがハートフルなところがいい♪

もう1年以上見ている中で、いじわるとか嫌な言い方とか、暴力的な描写が一切ないところがいいです。表現に配慮を感じる。

子供に見せるのには健全だと思いました。

アンパンマンですら、成敗で殴るって手段を取るのどうなの?て見方をすると、若干切ない。)

こあらくんは、日本語でも英語でも基本的には自分がリクエストしているお話なので、見ます。

 

久しぶりのDWE絵本

こあらくんからの“やりたい”ありきで、基本的にDWEをやるようにしています。

そのため、かくかくしかじかDWEをやらない日々が続きます。

どうにか触れたい。

多少は私からアプローチしてもいいだろうと、寝る前の読み聞かせの絵本にDWEを試してみました。

寝そうだったのに、飛び起きて絵本をめくり始め、単語を言ったり、状況を言ってみたりしていました。

好リアクションが嬉しいけど、早く寝ろ。としか思っていないので、ある意味では寝る前の読み聞かせにはDWEは不向きかも?と思いました。

日中に、どこかしらで取り入れる方が良さそうです。

 

目尻の小じわを伸ばしたい。リペアップ琥珀プラス試してみました。


f:id:appleballballoon:20170718180344j:image

【リペアップ】 を試してみました。目元クリームです。

 

こんな感じで、こっくりリッチなクリームです。


f:id:appleballballoon:20170718180357j:image


f:id:appleballballoon:20170718180413j:image

これを目元に塗って小じわを目立たなくします。

 

私が目尻の小じわを気にし始めたのは、とても早くて10代。笑

顔の造り上というか表情の出来かたというか。しょうがないのかな?と思っていましたが、クシャっと笑うので目尻にしわがグッと寄ります。

10代後半から、すでにうっすらと完全には消えにくい小じわが現れていました。

十字架背負って生きてる気分。

最大の言い訳は、もちろん「たくさん笑うことがある人生っていいじゃない。」

基本的には、大いに笑うからしわが寄るわけで。

目尻にしわが寄らない笑い方の研究をしたこともありましたが、怖い。不自然。というか出来ない。

とっさの大爆笑って絶対表情作れないし。

まぁでも自分なりにアイクリームとか使いながらケアしてきました。

 

 

アイクリーム高いよね。

アイクリームって、お高いものが多くて、無理~~~ってなります。

1回は買ってみるものの、継続することが厳しい。

ワセリンで代用したりもしますが。笑 う~ん。必死。

これまでの人生、自分なりにはいろいろあって、楽しいときもそうじゃないときもある中で、笑えない笑わない日もあったけど。

笑うよね。しわ寄るよね。追い付かないよね。

基本的にはこんな気持ちで、過ごしています。

ただし、保湿はマスト!だと思っています。乾燥はしわの元!とにかくしっかり保湿しよう!と。

例えば、手の甲で。


f:id:appleballballoon:20170718180427j:image

塗る前

 

f:id:appleballballoon:20170718180441j:image

馴染ませた後

 

 蓋をするようなイメージ

目元クリームというだけあって、濃いんです。しっかりと、その場にとどまり潤わせてくれる感じです。少量であっという間に潤います。そして、べたつかず、しっかりとお肌にアプローチしてくれている感じで、その潤いが続きます。

 

使ってみて

10代からある目尻のしわが簡単に消えれば苦労はないけど、目元が潤い、ふっくらしたお肌が保てるところがいいと思いました。

笑って出来るしわならしょうがないけど、少しでもしわが薄くなることを願って、これからもケアしていきます。

気になったらこちらから詳細確認できます。

スカイツリーきかんしゃトーマスコラボ(2017年8月31日まで)スタンプラリーをコンプリートしたかったら注意して欲しいこと!


f:id:appleballballoon:20170717064442j:image

一つのミスが命取り。

スカイツリーを楽しむ順にスタンプをGETできます。番号順にGETすればいい。それだけ。簡単。シンプル。

フロア350(スタンプ①)→フロア450(スタンプ②)→フロア345(スタンプ③)→出口フロア(スタンプ④)→スカイツリー1F THE SKYTREE SHOP(スタンプ⑤)

そして、THE SKYTREE SHOPの専用カウンターにて、東京スカイツリーオリジナルきかんしゃトーマスコラボステッカーがもらえます。

フロア450からフロア345に降りたらフロア350には戻れません。

①を押し損ねたら、もう戻れません。ご注意下さい。

正直、スタンプラリーに重きは置いていなかったです。2ヶ月前からこの日に行くのを決めていて、トーマスコラボをやっていることを知ったのは、前日。

明日は、スカイツリー♪って行き方とか確認しようとHP見たら、あれトーマスいるんすけど。となりました。

友人親子全く興味なし。息子くんはトーマスに興味なさすぎて、見ても

「…でんしゃ?」と。

(もしかしたら、これから目覚めるかも?うちは、2歳過ぎたくらいから一気にトーマス愛が溢れました。)

1分1秒でも久しぶりに会えた友人と喋っていたかったということもあり、入口で台紙をもらったものの、中身は見ずに、ひたすら喋っていて

フロア350のスタンプの存在を見逃し、さっさとフロア450へ。笑

トーマスの絵だっただろうに。

ショップに設置されているスタンプ⑤は、押そうと思えば押せたのですが。

○押したところでコンプリート出来ない。

○疲れていた。

○出口エレベーター降りたあたりで、お互いの子供が若干ぐずり始めたので、水分補給と小腹満たし。

○ランチの予約時間が迫っていたので、落ち着いたら、もう行こう。

 てことで、これにて終了。

そもそも友人親子は、全くどうでもいいと思っているし、我々親子の熱量も結局こんなものなのだな、ということで早々にランチへ♪

ランチの感想はこちら。

appleballballoon.hatenablog.com

 

スカイツリー内に期間限定トーマスカフェもありますが、ものすっごい行列でした。

楽しみ方は人それぞれですが、私は写真を撮るためだけに行列に並ぶことにも価値を感じないのでオールスルーです。撮影スポットはいい感じに飾られており、いい写真が撮れそうですが、何せ行列がすごい。どんだけ並べばいいんだよ、無理。

心にしっかり刻めばいい!目に焼き付ければいい!

という強い気持ちで、1時間半くらいかけてスカイツリーを楽しみました。

(空いていたら、多分写真を撮ったと思います。)

その内訳は、人ごみかき分けにかかるロス時間とか待ち時間みたいな部分も多いです。

友人の結婚式以来約4年半ぶりに再会できました。関東と関西にそれぞれ住んでいてまぁ会えないものです。

何かしらをしながら時間をつぶしているであろう旦那をお互いに待たせているので、帰りの電車が混まないうちに…とランチ後、少しぶらぶらして、解散しました。別れるとき泣きそうでした(情緒不安定か)。楽しかったー。また元気で会おうね。

 

スカイツリーは事前予約一択!

当日とか前日に

「あ…スカイツリーでも行く?」てなったり、ギリギリまで人数とか予定とか体調とか分からないし、どうしようもない!てなったりもあると思いますが。

当日券購入となると、とんでもない行列に並ばなきゃいけないです。

待てないです。待てないのは私の性格によるものです。行列すごいです。

子連れだったら特に、事前予約がいいのではないでしょうか。かなりサクサク中に入れます。

2日前から2ヶ月前まで。公式HPから予約出来ます。

中に入ってしまえば基本は激混みです。

私は2度目のスカイツリーでした。初めて行ったのも、開業間もない週末でびっくりするほど混んでおり、今回も連休の中日というとんでもない賑わいであろう日をわざわざ選択しなければならず。カオス状況しか知らないです。

簡易ベビーカー移動の友人は大変な思いをする場面もありました。2歳で聞き分けも良く、多少はスムーズに歩くので、乗せたり畳んだり、わりと順調でした。

こあらくんは、困ったことにベビーの頃からベビーカーに乗るのが嫌いです。ショッピングワゴンもNG!

歩くのは大好き。2歳6ヶ月。機嫌良ければかなり歩いてくれます。

ぐずれば“抱っこ”だ“おんぶ”だ、くっついて来るので、最近はお出かけにベビーカーを持ち出すことが少ないです。

東京ソラマチでは生後2ヶ月から3歳まで対応出来るショッピングワゴンが借りられます。

自由気ままに界隈を散策すると“子連れには厳しいなぁ”と思える箇所がありました。

行ってみてびっくり降りるときは階段しかない、とか。

子連れでお出かけは大変です。

外出時のぶち上げテンション

スカイツリーフロア450で、こあらくんに「ママーーーーー!!!」

と叫ばれたこと、忘れません。

何だ、言えるじゃないか。

人が多くて、自由に歩かせていると、すぐにはぐれそうになります。

私からは見えていましたが、こあらくんは私を見失ったようで、叫んでいました。

普段、私のことは「ねぇねぇ」としか言わないので、もしかして…「ママ」って未だに認識出来ていないのかも。やべぇな。くらいのこと思っていました。言えることが分かって嬉しいです。

外出すると、普段とはちょっと違う、私の知らないこあらくんが垣間見れてすごく楽しいです。

 

子連れでスカイツリー!そしてRIGOLETTO ROTISSERIE AND WINE 東京スカイツリー店でランチ。このお店の使い勝手など感想。


f:id:appleballballoon:20170716172820j:image

スカイツリーは2017年8月31日まで、きかんしゃトーマスとのコラボ企画をやっています♪

子供と1人分をシェアする場合、量が足りない!

一般的に、子供とはいえ、そりゃ1人分をシェアしたら、足りないでしょ。

が当たり前かもしれないけど、我々親子はシェアしてちょうどいいくらいがデフォルト。

自称小食の母&好き嫌い選り好みが多いこあらくん。食べないときは、空腹だったとしても意地でも食べないから。

基本的には1人分頼めば、十分。

これこあらくん絶対食べるわ、なものがない場合、ただ私が食べたいものを頼みます。

そんな我々が

…足りねぇ。

て思う量でした。

珍しくがっつくこあらくん。

ピザ♥️と喜びながら、マルゲリータをものすごい勢いで食べていました。

お料理は全部美味しいです!!!

前菜、スープ、メイン(ピザかパスタかグリル料理)、デザート、ドリンク

1600円のコースランチにしました。

お店の名前にも入っているロティサリーチキンが有名で美味しいようなのですが食べず。

普通にランチしました。

 

事前に腹ごしらえパターン

今回は友人と息子くん(2歳)と一緒に行きました。友人も息子くんもよく食べます。

息子くんは、事前におにぎり1個食べた上での1人分シェア。

二人ともまだまだいけるぜ。な感じでした。他にもたくさん買い食い出来るお店があるし、むしろこれくらいがちょうどいいかもしれない。

 

子連れに優しいんだか優しくないんだか

激混み必至の日にスカイツリーに行くので、ランチをするために事前予約で席の確保が出来るお店を探していました。

友人が「子連れでも入りやすい的なことでブログで紹介されてたけど、例えばこことか?」てことで、候補に挙げてくれました。私は私で、スカイツリー楽しんだ後、そこから近いし、予約できるし、こあらくんが食べられそうなものあるし、ってことで、例えばこことか?って、結局二人ともこのお店を指名してたので、あ、もうそうしましょ。みたいなことでリゴレット ロティサリー&ワインに決定しました。

ちょっとした制約があり、ベビーカーは入口で預かる、お弁当やおにぎり、パン、お菓子、フルーツなど持ち込み禁止。飲み物はOK。という部分があります。

全く構わないけど、言うよね。みたいな印象。

子供用の椅子の用意はもちろんあります。こあらくんは嫌がるのでいつも断りますが、友人の息子くんはご機嫌でした。助かりますね。

確かに店内は賑わっていました。忙しそうで若干バタバタした接客。呼んでもなかなか来てもらえず。呼び出しベルはないのに、あまりスタッフが近くを通ってくれない。呼びたいときに呼べない印象は持ってしまったけど、ランチどきってそんなものなのかも。

半個室感を感じるソファー席で良かったです!


f:id:appleballballoon:20170716204956j:image

 

感想

確かに、子連れでも使いやすい店ではあった。

サービス料を別途取るようなお店ではなく、おしゃれで、カジュアル仕様。お料理は美味しい!

子連れだからといって手厚いサービスとかフォローは期待しないが吉。

こあらくんが積極的に楽しんでいたので大満足です。