こあらくんプラス

DWE(ディズニー英語) 中古で購入!こあらくんの日常にEnglishをプラス

そういえばDWE購入して1年が過ぎていた。


f:id:appleballballoon:20171012085132j:image

やっていないから“そういえば”扱い

 我々夫婦のゆるぎない感想。

 

うちは、DWE中古にしておいて良かった。

 

もはや、そう頻繁に教材を使わない。

義務になるとツライ。

多分正規だったら…

お金をかけたんだから、もっと使っていくよ!とか

まだ元取れていないだろうね?

みたいなしょうもないことを思い続けている可能性あり。

想像で言うので“おそらく”ということにするけど、子供の性格的に、課題提出がどうとか、イベントに参加してどうとか、そういう部分もうちには合わないかもしれない。

かけた費用を12で割ってみると、超ざっくり月14000円。

減価償却で考えて、下がる一方。英会話教室通わせるのこれより高くつく場合が多いと思うし、そのわりに効果はあまりないかもしれない。

教材の買い足しも、もちろん検討中。

良好な精神衛生を保ちたいので、いくらまでかけて、どのくらい触れたら、効果を感じたら、オッケー!ということにするか、我が家なりの損益分岐点を設定して購入に踏み切りたい。

お金があれば、とりあえず買うけど。

庶民ツライ。

 

効果はある!

教材の素晴らしさは間違いない。

取っつきは、最高に良かった。

特にABCカード(非売品)。

そして、絵本は頻繁ではないものの長きに渡り興味を引き続けてくれる。

結局絵本が一番いい。

それは連動しているDVDの内容の良さによるものだと思われるので、DVDももちろん見せてみて良かった。

今思えば、テレビ好きすぎるクソみたいな時期に始めて良かったとも言えそう。

ただでさえ子供の興味関心は、親が多少誘導出来てもコントロール出来るものではないと思うので。見たがらなければ、終わりに等しい。

DWEの教材は、子供の興味を上手に引いてくれると思います。

 

満足しているところ

これしかないけど、私の場合は、さしむきこれだけでいい。

 

発音が美しい

 

ドクターイエローと言ってる我々の発音お構いなしで、本人はDoctor yellow と言うとか、ブレないな。言いたいように言うんだな。みたいな場合も増えました。

単語が読めるわけじゃないけど、英語のスペルを見ると一文字ずつ言ってみることが増えました。

右から読むこともあるけど、そうか左から読むことを教えないとな、と気付かされました。

小文字の認識は怪しいものもありそうだけど、大文字は大丈夫そう。

これが至極マイペースに1年間英語に触れてみた結果の一部。

 

 

重きを置きたいのはどこか

これに尽きそう。

さっさと英語耳を作ってバイリンガル以上への道をガンガン突き進んで欲しい、とか。

とりあえず、授業で困らない程度にしておきたい、とか。

多少強制感が出ても、お勉強感が出ても、本人が今はそんな気分じゃないわ…てときに、ちょっとでいいから、やろうよ!みたいな感じでやらせるか否かも親の采配次第だと思うし。

うちは、そういうのは、したくなかった。

月齢と彼の性格を考えると厳しい。

  

うちの場合

とりあえず、こあらくんには英語の聞き取り楽勝!という耳を作ってあげたいという思いが、私の中でかなり大きい。

そして、発音。良いに越したことないから。

 

文法やら、語彙やらは、本人の熱意や、英語を使わないと成り立たない環境に身を置くとか、状況次第でその後いくらでも伸びていくだろうから、今のところどうでもいい。

 

こんな感じの価値観でやっているからか、喜びのハードルが低い。満足度が高い。

とりあえず何かしら聞き取りが出来た上で、単語一つでも言えれば良し。それが綺麗な発音だったら尚良し。

おー出来てるねーいいじゃん。

以上。

 

16万円払ったら子供にくっそ綺麗な英語の発音が身に付きましたうれぴい。

アルファベット、書けないけど、読めるよー

 

と言い換えてもいいくらい。

 

そりゃお金払っただけじゃないけど。

 

やらねば!という思いが強いと、親子共々しんどいので、楽しめる程度に。

こあらくんの“やりたい!”気持ちがあるときにやれればいいな、と思います。

 

【モニターレビュー】株式投資の王道~プロの目利きに学ぶ 良い会社の選び方~ 対談形式で読みやすかったです。


f:id:appleballballoon:20170928180553j:image

自分がその場にいるみたい

この度スパークス・アセット・マネジメント株式会社様より、モニターに選んでいただきました。ありがとうございます。

スパークス・アセット・マネジメントファンサイト参加中

 

ということで、感想など。

対談形式ってのは、読みやすい。自分がその場にいるようなイメージで、間近で拝聴しているようでワクワクしました。株式投資って、数字はもちろん大事な指標だけど、社長の人柄だったり、誠実さだったり、そういうところも大事なのかなと思えました。

 

株式投資を多少かじっていれば、より理解が深められそうな印象

私もほぼ初心者みたいなものです。

 

まずは、証券会社に口座を開設しましょう、そして…

みたいなことを書いている本ではありません。

ローソク足がどうとか、そういう話もありません。

テクニカル的なことではないです。

株主優待についても然り。

 

スパークス・グループ株式会社代表取締役社長 阿部修平氏と、株式会社小宮コンサルタンツ代表 小宮一慶氏の対談です。

 

素人へのエールみたいなイメージで捉えました

よし、株やってみよう!って思っても、なかなか踏み出せないし。

多少勉強してやってみても、分からないことだらけ。どこの株をいつ買えばいいかな?

良い悪いの基準は、どこを見たらいいのかな?

買って下がって塩漬けになったら、耐えようか、損切りしようか。

損切りしたら、気持ち切り替えて別のところの株買おうよー。で、いつ、どこの株を…

面倒なループ。気持ちが渋滞。決断出来ずカオス。

ゆえにほったらかし。

これ我が家の話です。

旦那の知識スキルも似たようなものなので、我が家のポートフォリオは現状荒れています。

上がると思うんだけど~上がらない~

これは損切りしちゃっていいと思うんだけど、やっぱり何だか悔しい~上がりそうじゃない?(何の根拠があって…)

ど素人あるあるなのではないかな。

 

いい会社、悪い会社があるわけではなく、良い社長、悪い社長がいるだけ。

 

この言葉、私も非常に響きました。

良い経営者が舵取りしている会社の株を長期的に保有すると報われる。このことは歴史が証明している、と。

そう思って、我が家は一応長期保有目的ではあるけど…なかなかね!長期ってどのくらい?って聞きたくなります。

 

ケーススタディということで、最終章で注目企業を何社か徹底分析されていて、すごく興味深かったです。我が家も株を保有している企業が紹介されていました。

INのタイミングがあれだったので、全然笑えないことになってますが。まぁ、長い目で見守りたいな、なんて思いました。

この本を読み終え、気になった部分を何度も読み直して…なんてやっていると、よし、前とは違う見方で株式投資、出来そうだなという気分になれます。

 

2才児を自転車に乗せていると、前からでも後ろからでも飛び降りるので注意。

f:id:appleballballoon:20171009130818j:image

とりあえず、ビビる。

ぐずり泣きのパワーなめたらあかん警報。

ママ友から「この子この前自転車から落ちた。いや逃げたって感じ?」という話を聞いていたので、一応気を付けていた。

その男の子は、後ろ乗り。機嫌が悪くて保育園行くのイヤだぁー!で道中、飛び降りた。

そんなことあるんだ、という思い。

 

怪我とか大丈夫だった?

それが意外と大丈夫。

 

それもまたすごいなーというやり取りをしたのを覚えている。

こあらくんは、まだ前に乗せている。

さすがにそろそろ後ろに乗せてもいいよね!と思っているけど、この話を聞いてもうちょっと前で頑張ろうと思っていたところ。

こあらくんは「だから、帰りたくないって言ってるだろうが」的なことで機嫌が悪いときに、靴を脱ぎ、道路に投げ捨てるという愚行を犯そうとするので監視しておかないといけない。靴を拾うために自転車止めるけど、戻らないからね?という母の意地。裸足で乗れの刑に処す。

 

ある日、うちも飛び降りた。前乗せで。

思いっきり走行中。

 

シートベルトすり抜ける力。

飛び降りる衝動。

え、それ可能なの?て思っちゃう。

 

電動チャリだって、急には止まれない。

間に合わない。

シートベルト締めてたよね?

何で飛び降りちゃうの。

何で顔からいくのよ、手を先に出しなさい(そこじゃない)。

 

顔面強打。顔の半分以上擦り傷。

大惨事でした。

しかし意外と大丈夫。

病院のお世話にならずに済みました。

さらには、びっくりする早さで傷が癒えていく。

5日でほぼ綺麗になりました。

 

確かにこの日は、自転車に乗る前ちょっと興奮気味でした。

駐輪場のガシャンってやつ(ストッパー的な)から、自転車を引き出すのに、ちょっと待ってて、と横に立たせておいたら、ダッシュで引き返して行きました。

ちょ、自転車出してる最中なのにオイ。

道路に飛び出しそうな勢いに見えて、こらぁ危ないってばぁー!と追いかけた。

 

こけた。久しぶりに。

 

運動不足極まりない。足がもつれるってこんな感じ。

両掌両膝がっつり擦ってジーンズは裂けた。

そんな私の膝の擦り傷、5日ではあまり変わらない。

BBAの新陳代謝の悪さたるや。そこが泣ける。 

 

マダ アソブゥゥゥー!!!

 

ときには想像以上の力を発揮する。

 

 

習慣を変えたいとき、当人の気持ちを想像すると、少しは出来そうな気がする

備忘録的なもの。

今回、心に響いたので書いておくことに。

習慣を変えたいけど、なかなかねー!って思っているとき。

目の前に見本があるなら、その人の気持ちを想像したほうが、例えば理詰めで自分を追い込むよりよほど効果的なのではないかと感じた、という話。 

パーフェクトヴィーナスのぶっこみ

魅力的な体型、めちゃくちゃ美人。色白超美肌。とにかく女性としてスペック高い。

これが今私が通っているホットヨガの先生の特徴。

毎度クラスは満員御礼。きっかけは、素直すぎる一言。

 

1週間のうち、体を動かすのがこのクラスのときだけって人、いる???

 

何だかんだほとんどそういう人が来てんじゃないの?私もだし。と思いながら聞いていた。

 

そうだよね、やっぱり、いるんだよね…

どうしようかな、あの…

 

ありえないから。

考えられないから!私にとって。

え、何でそうなるの?ってくらい。

 

と穏やかな口調と素敵な笑顔で、結構刺さること言う。

 

どんなに忙しくても1日1分くらいは時間取れるよね?1か所くらいは体ほぐせるよね?やってね!宿題にしちゃおうかな。週1回じゃ何も変わらないよね。やらないよりは…て感じかな。

 

いつもだいたいこんな感じではあるけど、今回妙に刺さった一言。

やっと刺さったか、これか、という感じがある。

確かに、先生はヨガが仕事だから、多分毎日ヨガやるよね。ストレッチもするよね。いい仕事するために、自宅でもやっぱり、時間を見つけては、やるよね。それが当たり前の生活だろう。

先生になった気持ちで(おこがましい)。

お風呂上りに、ストレッチとかやっちゃう???みたいな気持ちになり、やってみました。

『やるべき』だけでは、なかなか動けないけど、気持ちが伴えば簡単。

先生はヨガやストレッチがない生活なんて、もはや想像すら出来ないだろう。

私にとっての…家族みたいなものだな(話が違う)。

とにかく、私にとって、それが理想的なんて言わず、その生活が当たり前って、思っちゃえばいいわけよね。そして、思うだけじゃなく、ほんの少しでもやる、と。

習慣化目指して。

 

こあらくんにも攻められるはめに

柔軟性が上がったのでストレッチついでに、鳩のポーズ(カポータ・アーサナ)をこあらくんに披露してみました。次は一本足の鳩王のポーズ(エーカ・パーダ・ラージャカポータアーサナ)が出来るようになるまで、体をほぐしていきたい。

今の私にとって高すぎる目標。


f:id:appleballballoon:20170920161029j:image

ある意味、やってもうた。こあらくんが気に入ってしまった。

 

ハト!!!

 

やって!でもあり、一緒にやろう!でもあるお誘いが何度かあり。

ヨガマットを持って来て敷いてくれる。

待て待て。鳩のポーズというのはね、準備段階にある程度時間をかけた方がいいんだよ。はい!鳩!じゃないから。

とはいえ、とりあえず見せたほうが喜ぶので、相当雑な鳩のポーズを見せます。

そして、子供にありがちな『もう一回!』『もう一回!』

無理。

こあらくんは全然鳩のポーズ出来てないけど楽しそうで何よりということでスルー。

こういうやりとりを楽しむためにも体をほぐしたい。

言ってみたものの、やはり習慣化難しい。

 

その代わりというわけじゃないけど、こあらくんのテレビ断ち、今回はいい感じ。あっという間に3週間くらい経って、いろいろ面白い変化が見られました。

知育要素があればいいという謎の言い訳をしつつ、求められたときに、たまにはタブレットで時間区切って英語に触れたりもしている状況。だいぶ歌えるようになってきたので、それを歌いつつ、歌の内容を一緒にお絵かきしたり…みたいな遊び方が出来るようになりました。

今回のテレビ断ち、エンドは決まってる。野暮用にて帰省が近いので、そこで久しぶり…かも。じじばばまではコントロールしづらい。

【モニターレビュー】あったかけしょうおとしYUZU(柚子)発売前のお試し


f:id:appleballballoon:20170929181217j:image

柚子!!!!

株式会社ミックウエルヴァ様より、発売前のクレンジングジェルをお試しさせていただいた話を書いておきます。

私が一番言いたいこと。めっちゃ柚子の香り!すっごく気に入りました。癒される香り。

それもそのはず、高知県四万十のゆずオイルを配合しているようです。

贅沢ですね。

使用感もGOOD!
f:id:appleballballoon:20170929181250j:image

 肝心の役割のほうもいい感じでした。まず、濡れた手オッケー!!!

これからの季節、特に嬉しいホットクレンジング。

早速あったかい。なじみもいい。W洗顔不要という時短求めたい私としてはここもいい。もうちょっと早く落ちてくれると尚いい感じ。

特長的な点としては、京都大学大阪市立大学共同開発エイジングケア成分ナールスゲンが配合されているところでしょうか。しみ、そばかす、小じわ防止、ハリを保つ効果など。期待!!!そこに期待!!!

プラセンタエキスも贅沢に配合されているみたいなので、さらにワクワクしてくる。

どんな感じで登場してくれるのでしょうか。待ち遠しいですね。

 

 

きかんしゃホブ・ノブを読んでいて、英単語が出る

言いたいこと言いたいように言うやつ

 

きかんしゃ ホブ・ノブ (こどものとも絵本)

きかんしゃ ホブ・ノブ (こどものとも絵本)

 

 

面白い絵本です。機関車と動物が出てくるので、子供ウケが良さそう。

こあらくんにとって、文章の量もちょうどいい。

動物さんたちを遊園地に連れていくお話です。

動物さんたちズラリ~♪の場面で、興奮して、指差し確認しつつ言っていく。

 

メェメェ!(ひつじ)

ワンちゃん!

ねこちゃん!

Duck!

Chicken!

…(無言)…(七面鳥だった)

 

表現自由か。

とっさに浮かぶものをそのまま言うのかな。

よく分からないけど。

 

英語に触れている子供あるあるなのか

親の意向で英語を少し日常に取り入れてしまったもので、こんなことに?という感じ。

 

日本語で言いたいときと英語で言いたいときがある。

それは全くもって気まぐれ。 

 

今日はUp and Down 言いたい日なんだな。とか、ちょっとしたブームみたいのを感じることはある。

①それが含まれる曲のフレーズを歌う(DWEの歌じゃなかった…)

②ショッピングモールで、エスカレーターを見て

エスカレーター Up and down.

と、状況を報告してくれたりする。

そうね。上りと下りが交差してるね。

 

一長一短

物は考えよう、と言っていいのか、まぁどうしようもない部分の話なので、今のところの私の感想。

 

少しではあるけど、英語を日常に取り入れているから、日本語の習得に難が出ているのではないか?という見方も出来るし、少なくとも親子のコミュニケーションに一役買っている場面もあるので、英語に触れさせて良かったという見方も出来る。

 

appleとは言うのに“りんご”と言えなかったのは、言いたくても言えないから代わりにずーっとappleって言ってたのかも?

最近、やっと言いそう。

 

ぎんご

 

そうか。

しゃりん(車輪)とかスタンリー(きかんしゃトーマスのお友達)とか言えるのに。

一発目が“り”ってのがまだ難しいのかな?まぁいつか言うんだろう。

例えば、“ひょうしき”が言えない代わりに“sign”と言って教えてくれるので、そこで会話が成り立ったり。

ずっと一緒にいて、だいたいどんな語彙に触れたか分かっているから気付けるだけではあるけど。

“オレンジ”より“orange”の方が言いやすいかも?とか。彼なりに何かありそう。

英単語に助けられて、コミュニケーションが多少取りやすくなっている場面もあります。

 

オレンジジュース 飲む

日本語だと、ゆっくり言えば

オ レ ン ジ ジュ ース のむ

7拍かなぁ。

早めだと

オレンジ ジュース のむ

3拍かなぁ。

こあらくんは、最近オレンジジュースにハマっていて、早く飲みたいのもあって、早口なのもあって

Orange-juice のむ

時短甚だしい2拍でぶっこんでくることがあるけど、これ多分私くらいしか聞き取れない悲しさあり。

 

こんなしょうもないこと考えていないで、とりあえずこあらくんと遊ぼう。

 

テレビを見せないで良かったと思ったこと

なんとかなる。2才8ヶ月。

旦那が急に「よし、今日はテレビ見せない!」と意気込んだ週末のある日。

久しぶりに我が家のテレビ断ちがスタート。

とりあえず、まずは1日。という気持ちで。

 

appleballballoon.hatenablog.com

初めてテレビ断ちをしたとき。何かいろいろ頑張ってたんだな、私。という感じがある。

 

 

◇前回より楽だと感じた2つのこと◇

①月齢が上がって、出来ること、他にやりたいことが増えたと思われる。

②テレビ見るのダメなの?じゃ、違うことするわ。という切り替え完了までが早い。

 

 

関係ないかもしれないけど、変化を感じたこと!

①テレビ見たさに、出来るだけ話そう、伝えようとアピールしてくる。

そりゃそうだ。見たいんだから。

大して喋れないけど、何の番組、コンテンツが見たいのか、1フレーズ口ずさんだり、伝え方を本人なりに工夫している。

家にあるものを使って、1シーン再現するようなこともあったけど、それがテレビを見たいということを指しているとは思えない。

でもこれは、最初だけ。

 

テレビ見せてもらえないなら、いいや、と。

パズルの楽しさを知ったのもいい!

かなり夢中になれるし、いつの間にか、仕上げる早さも上がりました。

何だ、出来るのか。

 

とにかくびっくりしたのは

②絵本熱が一気に高まった。

え、こんなに絵本好きだったっけ?と思うくらい、何度も何冊も読みたがる。

絵本サービス利用しておいて良かった。いくらか揃えておいて良かった。

ただ、何度も読んで飽きるのでは?と感じるくらいだったので図書館へ。

テレビ要らないな。

いや、今のところは、たまにはテレビさんにお世話になりたいかも。という感じ。

こあらくんに、変化キタ!

 

以前、親子教室の発達相談座談会にて、言語聴覚士の先生に「絵本を楽しんでくれない。」と悩みを相談してる方がいました。

回答は「子供が嫌がることをさせるな。」でした。

絵本の読み聞かせが発達発育にいいからって、嫌がる子供に無理強いさせることには、大いに問題を感じる。

子供なりに意思がある。

成長していく中で、変わるよ、と。

私は共感したので、いつ何の絵本が読みたいか、すべてこあらくんの気持ちに任せたいと決めました。そのため、平均的なものが分からないけど、我が家が絵本に触れる時間は少ないかもな…という気持ちは持っていました。

でも、案外こちらからの誘いに乗ってくれることも多かったという…

何だ、成長してたのか。

もっと誘ってみようかな。 

 

気持ちのままに

図書館に連れて行ってみると、またしても感じる変化。

楽しそうに絵本を選んで、持って来て椅子に座る、ママも隣に座って?この絵本がいい!までのステップが早い。ノってるときは違いますな。

乗り物が好きなので、乗り物系の絵本を選ぶことがダントツで多い。置き場所も覚えたみたい。

こあらくんは、どんな本を選んでくるんだろう。

100まんびきのねこを持ってきたときは、ちょっと吹いた。

 

100まんびきのねこ (世界傑作絵本シリーズ)

100まんびきのねこ (世界傑作絵本シリーズ)

 

 

クラシカルな表紙いいよね。

名作だけあって、やはり惹き付けるものがあるのかも。

彼の集中が続く限り、こういうことが繰り返されます。

多いと一度の滞在で30冊くらいになったこともあったけど、平均すると10~15冊くらいで集中が切れるようです。

私に読んで欲しいというより、自分が確認したい、みたいに思えることも多いです。

ほとんど見ないもの、パラパラーっと見るもの、1ページずつ楽しむもの、反応はバラバラ。

 

そして「おかっつ!!!」

おかたづけのこと。

帰りたくなったのがよく分かる。

まだ“お片付け“が言えないのかよと思いながら、はい、おかっつしましょ。とおしまいにします。

しくみが分かっていないのか、借りて帰りたいほどの絵本はあまりないようで、私が促す前からガンガン棚に返していくことが多い。

いや、新しい絵本いいじゃん。何冊か借りて帰ろうよ!ということで、そこは私がいいと思った絵本を借りることにする。

気に入らなかったものはそこから抜いて棚に返してしまうことも。

その絵本を気に入るかどうかは一瞬なのかもしれない。

いやーやっぱり絵本っていい。読んでいて私もかなり楽しい。

この感じを続けたい。