読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こあらくんプラス

DWE(ディズニー英語) 中古で購入!こあらくんの日常にEnglishをプラス

ベビースイミングやっててよかった!

習い事


f:id:appleballballoon:20161213180147j:image
こあらくんは、生後7ヶ月からベビースイミングに通っています。

 

なぜやろうと思ったか

ワケワカラナイうちから始めておいたら、意思が出てきたときの「お水こわいよー」「お風呂嫌だよー」がなくなるのでは?

子育てが楽になる?←これ。

Babyは、大好きなママのお腹の中で気持ちよく羊水にプカプカ浮いていた記憶があり、あまり水を嫌がらないと聞いていたし。

「私の紹介って言えば、体験無料だから名前使っていいよ!」て言ってくれたママ友がいたから。←これ。

体力作りだったり、体を動かす楽しさを知って欲しい、といった思いもありました。

レッスンを体験してみると、こあらくんは楽しそうでもなく、泣くわけでもなく、ふてぶてしく浮いていました。私のリフレッシュになりそうだし、始めることにしました。

 

なぜいまだに続いているか

◆システムが良心的。

月4回のレッスン。毎週水~金曜日に実施されていて、いつ行ってもいいから。

予定が入ったり体調不良の欠席振替がしやすい。ざっくり月12回くらいのうち4回行けばいいから、意外と参加出来るものです。

◆素敵なコーチがいる。

これはかなり大きな要素!大人気のコーチです。皆に優しく、さりげない気遣いが素敵、お子さん3人いてママ目線でも話ができる。レッスンが楽しい。他のコーチがダメと言うよりは、このコーチがものすごくいい。基本的にその曜日を狙って通っています。

 

で、今はいわゆるイヤイヤ期か!?

元々ふてぶてしい奴ではありますが、レッスンはそれなりにこなしていました。

1才過ぎて、「まだまだ甘えてbabyちゃんだなーあまり自主性ないな。」と呑気に思ってたのですが。

1才半くらいから完全に“こあら”化止まらず。

このくらいの月齢だと、両腕に浮き輪を着けてママにフォローされつつ自分でばた足する子供もいたりするのですが、

浮き輪など要らぬ。着けぬ。泳がぬ。抱っこしておいてくれ。おんぶも可。

といった感じで、ものすごい力でずっと私にしがみついていることが多いです。ベビースイミングというより、私がスポーツクラブのプールで子供抱いて水中ウォーキングしてます、という状態。

泣き叫んで嫌だ!帰る!みたいな感じではないから、毎週通っています。

そんなに動いているとは思わないけど、スイミングのあとは、しっかりお昼寝してくれるのがいいところです。

 

なぜベビースイミングの話???

英語プチ覚醒疑惑事件発生。

 

◆事例1 こあらくん1才10ヶ月20日目

レッスンの最後に、おもちゃタイムがあります。自由に遊んでいいのですが、魚の模型を手に取り突然、FISH!と言った。1回だけ。これに関しては前兆があり、この3日前に、魚の映像を見ると

f、f、  ふぃ ふぃ と、発音頑張っている感が見受けられました。

その後は、 FISH のような ぴっしゅ のような、きまぐれな発音を魚を見たとき以外にもちょこちょこ言うようになりました。

 

◆事例2 こあらくん1才10ヶ月25日目

プールに浮かんだボールを拾って、曲に合わせて体操したあと、曲の最後にボールをポーンと投げてみよう!というレッスンをしていたときのこと。

握りしめて投げないこあらくん。

ん?まぁ別に持っていてもいいんだけど、投げようぜ。

これまで何度もやってきただろうが。ここ最近はいつも出来ていたじゃないか。

ボールをポーン!だよ?ほら、こうやってさ(やってみる母)

ポーンするんだよボールをさ、ポ・・他に何て言えばいいのよ

“throw the ball ! ”

て言ったら、投げたって話。

たまたまだろ?

それは分かってるけど。その後もう一度だけ反応あり。偶然だろ。気のせいだろ。

反応なかったときもあったし。偶然決定。笑

disk6 The Baseball song に、throw出て来ますよね。トークアロングにもカードありますしね。こあらくんが大好きなコメディタイムにもグーフィーの野球のお話があったから、頭の片隅にあったのかも。

それを旦那に報告したら、家でもやろうとしてボールを持たせて声かけていたけど、 全く反応なし。

そんなもんだと思います。

体を動かすというのは、ちょっとした頭の体操にもなっているのではないかと思います。泳ぎたくないとか、潜るの嫌だとか、それならそれでいいわ、と思えてきたので、よかったです。

また、何かしら覚醒の兆しを見せて欲しい。そんな期待を少しだけしつつ、スイミングに通うという違った目線の楽しみが出来ました。

TOPへ

ランキング参加中です。ありがとうございます。


にほんブログ村