こあらくんプラス

DWE(ディズニー英語) 中古で購入!こあらくんの日常にEnglishをプラス

そういえば、ベビーくもんの体験もやってみることにした


f:id:appleballballoon:20170228195223j:image
2歳だったら、ベビーくもんではなく、通常の公文という手がある

ベビーくもんは、教室に行って先生から振り返りを受けるのが月1回、月謝は2000円+税。絵本とかワーク代って感じです。

値段的にも教室に通うのも気軽に出来そうでいいなーなんて思ったんです。

無料体験は、サンプルとしていただける教材もありつつ、絵本とCDは貸出です。詳しい説明などを受けに、教室へ行きました。

2週間くらい絵本やCDなど使ってみて、会員のお子様たちが振り返りを受ける日にでも返却兼ねていらして下さい、なんてお誘いを受けました。その日は一日予定が入っており、お断りしました。

となると、うちの場合は、ベビーくもんに入会し、今から約1か月半先の振り返り日を心待ちにするか、入会せず、時間があるときに貸出教材である絵本とCDを手渡しもしくはポストインして返却、終了ということになります。

通常の公文は、お勉強習慣をつけさせるものになるので、週2回教室へ通います。

月謝は6480円です。

公文式オフィシャルサイト KUMON(くもん) | 公文教育研究会

週2回って、負担かも?

 

機嫌が悪かったのか人見知りか自閉気味なのか、パニックを起こしたこあらくん

そこそこの悲劇でした。

教室へ行き、先生から説明を受けるまでは、まぁ普通。先生に対してちょっと人見知りしたかな?という雰囲気であまり心は開いていません。おもちゃを勧められても警戒。ただ、こあらくんが大好きな列車や車系のおもちゃがあったので機嫌が良くなりました。

絵本がとにかくたくさん!知育おもちゃが少々置かれているお部屋でした。

せっかくなので、絵本やおもちゃで少し遊んで帰ったら?あと15分くらいすれば、幼児のお子さんたちがいらっしゃるから、様子を見て帰ってもいいし…みたいなことを言っていただきました。

列車や車のおもちゃに夢中になっていて、ここで切り上げると暴れ泣きそうだと思い、しばらくいることにしました。

言われた通り、幼児であろう親子が二組いらっしゃいました。

子供たちは慣れた様子で絵本やおもちゃを出して自由に遊び始めます。

ここで、こあらくんパニック!暴れ泣き!

目を離していたつもりはないのですが、正直私には何が起きたのか、何故泣き出したか、さっぱり分かりませんでした。

あ、気まずい、帰ろう!笑

てことで、こあらくんが遊んでいた列車や車のおもちゃを片付けようとしたら、またしてもギャーギャー泣きます。

でも…もう遊ぶわけがないと思うし、いらっしゃった二組の親子の「ん?何???」みたいな視線が耐えられません!笑

こあらくん…教室に通える気がしなくなりました。ため息。

 

こあらくん、絵本ブーム

ベビーくもんをやっているママ友がいるので、絵本が良さそう!とは思っていました。貸し出していただいた絵本には、こあらくんかなり食い付いてくれました。

CDの方はそんなに食い付かず。

童謡や手遊び歌は、お気に召さずか!?

ABCの歌は楽しそうにしてくれたように思いました。

正直、こあらくんに対して英語に触れさせる日々の中で、うん、もう、後に引けないよな、と自分で思う部分がかなりあります。

言葉が遅い!日本語あまり出ず!英単語の方が出てるし、理解進んでるかも?という親バカ感ちょっとあり!

日本語喋らせたいからって、今更英語に触れさせるのストップしてとりあえず日本語だけの生活とか無理!習慣化してしまった!

日本語はいつかきっと喋る!英語もいつか喋るかも?…英語の方に力を入れる!笑

ベビーくもんは、教室であまりに暴れ泣いてしまったので、始められそうにないかも?なんて思いつつ。一回こんなことがあっただけでビビるなよ、て話なんですが。

とりあえず、本当にDWEを始めて良かった!というか、こあらくんがDWEを好きになってくれて良かった!と思っています。

“好き”って気持ちはいいですね。かわいい笑顔がたくさん見られます。

シングアロングのCDと絵本、追加で購入して良かったです。今のところ積極的にCDを聞きたがるし、絵本を読みたがります。

 

我が家の絵本ラインナップ

私は、しかけ絵本系?とでも言えばいいのか、が好きなので、いわゆるスタンダードな絵本がまだ少ないです。

パペットがくっついているものだったり、ページがスライド式になっていて、サプライズを感じることが出来るものだったり、むしろ写真集のような感じで、イラストより写真が多く、もはやそれは絵本じゃないよねみたいなものだったり。

DWEシングアロングの絵本が、英語の絵本では初めて手に入れたものになります。

最近自ら本棚から取り出して、ページをめくることが多くなりました。

Eyes and Earsがお気に入りです。前後のページをめくりまくるので、ボロボロになり、適当にテープでとめています。

耳を触りながら「あ~い」と言って、アピールしてきます。

Eyes かな?いいね!耳はEarsだけどね!

ベビーくもんの魅力は絵本だけではないのですが、絵本そのものにハマってきている感じがするので、とりあえず何かしら買い与えてみようかな?と思っているところです。