こあらくんプラス

DWE(ディズニー英語) 中古で購入!こあらくんの日常にEnglishをプラス

言葉の力はすごいから、良かったり、気を付けなきゃって思ったりする


f:id:appleballballoon:20170303172342j:image

スイミングやめようかなーって思っています

思い止まっているのは

  1. 体を動かす機会があるのはいいこと!
  2. こあらくんが泣き叫んで嫌がるとか、暴れ散らす訳じゃないから、何となく通ってしまう…というか↓
  3. コーチがいい!

やめようかなーと思っているのは

  1. こあらくんが泳がない、遊ばない。あまり楽しそうではない。
  2. こあらくんが楽しんで通ってくれそうな英語系か音楽系の習い事を検討中。それに通うのであれば、予算の関係上スイミングは、やめるというのも選択肢のひとつだと思っている。

泣けるコメント

スイミングノートみたいなやつがあり、出席したらシールが貰えます。月に一度、保護者がコメントを書き、提出します。そしてコーチから返事をもらいます。

正直、こあらくんの成長についてあまり書くことがないと思えます。泳ぎたがらない。遊びたがらない。常に私に抱っこかおんぶ。ずっとべったりくっついていることが多く、私と過ごしているということで楽しそうにはしますが、レッスンはこなせません。えっとー我々は何しに来たんでしょう、と毎度思います。

それでも、何かしら成長を感じる部分を絞り出そうとして“たまにはバタ足を楽しむ”

…え、それだけ!?笑 みたいなコメントを書きます。

ときには素直に弱気になり、babyの頃からスイミングに通っているのに全然泳ぎたがらない。と書いたこともあります。

コーチからのコメントが毎回素敵で、心打たれて、ジーンと来ています。

今回は、こあらくんは自分に何が出来るのかきっと分かっていますね!分かっててあえてやらないとか、思う存分やってみたり、一段と賢さを感じます。水中だからこその親子コミュニケーション楽しんで下さい♪みたいな感じの返事をもらいました。

鼻水!涙!

このコーチじゃなかったから、とっくの昔にさっさとスイミング辞めていたと思う瞬間が何度もあります。

スイミング始めて間もない頃も、全然泳ぎたがらないわふてぶてしく浮いているだけだわで、何か…虚しい…て思っていたときに「泳げるんだけど、あえてやらないぜ!みたいな顔してるーかわいいー」て声かけてもらって、このコーチの言葉の選び方すごいな、素敵だなと思って、すごく救われたことを思い出しました。

うーん、もう少しスイミング続けたい。このコーチの温かいお人柄をもっと感じて学びたい。笑

 

言葉の力はすごいと思います

そんな言い方しなくても…と旦那は私にたまに注意してきます。私が思っている以上に、というより、そんなつもりはなかったのに、刺々しくて不快に感じることがあるようです。一生トライ&エラー!笑

自分のことはなかなか見えないけど、他人に対しては、他に言い方あるだろ、自分ならこう言うかな?なんて思うシーンは日常の中にあります。

 

子供に言わせたくない言葉①

ママ友が、旦那と喧嘩が増えたと言っていました。言ってくれたってことは喧嘩が減ったんだろうと思いますが。

周りに言えずに、本当にしんどかったときがあったようです。

子供に「けんかをやめて」と言わせてしまったことが辛い、子供がいるのにお構いなしで喧嘩してしまうほどの夫婦仲か…やばいなとか。そんなときは、しんどいことが多いです。今は改善に向かっているのでホッとします。

私にとっても、子供に言わせたくない言葉だと思ったんです。

子供に言わせたくない言葉②

結構衝撃だった「がんばる」

幼児教室コペルの体験レッスンにいらっしゃっていたとある親子。

教育熱心そうなご両親。

息子くん、ことあるごとに振り返り、後ろで見守っているご両親の顔色を伺いながら「がんばる」とだけ言います。たどたどしい言い方です。

イメージは「これ、がんばるやつ?(やらなきゃだめ?)」と聞いている感じとか「僕、頑張るよ!」みたいな気合いだったりとか「僕、今の頑張ったかな?」みたいな褒めて欲しい感じだと思いました。何度も言っていました。

ご両親は「がんばる」とだけ言う息子に対して、「うん、そうだね、はい!前見て!がんばって!」とか「うん、今のよく出来ていたよー!すごいじゃん!」とか息子の「がんばる」の一言と場面に相応しそうな声かけを都度していらっしゃいました。ぐずり始めると厳しめな口調で「椅子に座って!」

私にない価値観でびっくりしました。こんな風に鼓舞するのか…息子くんは全然笑っていなかったので若干気の毒に思えましたが緊張していたのかもしれません。

人って基本的に頑張っているというか、ベストを尽くそうと過ごしていると思います。

足りない!もっと!と捉えてしまうと途端に「がんばる」「がんばれ」は、しんどいです。使い方に気を付けたい言葉です。