読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こあらくんプラス

DWE(ディズニー英語) 中古で購入!こあらくんの日常にEnglishをプラス

やっぱり絵本っていいもんだ!これを目指そう!と思った“これ”の話

あー!これ好きだったやつ!

以前、こあらくんにこんな絵本を買って読み聞かせた、という話を母にしたとき、

「あー、それ、あなた好きだったよね!うちにまだあるかもよ?」

…え!?そうなの!?全く記憶にないんだけど!(でも、どこかで好きという気持ちを覚えていたのかも?)家にあるなら言ってよ!いや、先に聞けば良かった!?まさかあるなんて思わないし!絵本…高いのに(お金の話。笑)

となったことがありました。探したけど、その絵本は見つからず

「…ないやないか!」とはなりました。

母の記憶の曖昧さたるや。

残っているだけすごいかも?とは思いました。ほとんど処分されていたものの何十冊か残っていました。幼児向けから小学生向けまで様々。

今すぐ読み聞かせ出来そうなものが数冊ほどあったので、自宅に送ることにしました。

古いです。汚いです。でも、魂が入っているような気がします。

あれ、私、この絵本好きだった…気がする。忘れてるけど。大好きだったような。

「あなた、それ好きだったよね!よく読んでたよ!」と母がすかさず。

あ、やっぱり?

私は記憶力が悪くて、あまり覚えていません。

私には弟がいます。独身で実家住まい…婚活頑張れ!笑

この絵本が好きだったようです。

弟の方が記憶の整理が上手なのか、見るなり大興奮。

「おぉーー!!!懐かしい!!!これすっごい好きだった!!!」

早速読んでいました。

こういうのいいな、ほっこりするな、と思いました。そのときは、弟が小さい子供のように見えました。

母は二人揃って大好きだったのを覚えていて取っておいてくれたのかもしれません。

こういうのがいい!

こあらくんには、たくさん絵本に親しんでもらいたい!

そうすると、これすごく好きだよね!何度も読んだよね!ということがあるはず。

それをすっかりばばあになった私が大人になったこあらくんに「これ、覚えてる?」なんて見せてみるってのもいいなと思ってしまいました。

シンプル生活、ミニマリスト、物に縛られない暮らし、物が少ない暮らしを目指してはいるけど、こういうのは、いいかも。

魂入ってますよろしく

こあらくんにさっそく読み聞かせました。

好感触~♪我々は親子ですね!

自らめくって楽しんでいることも。

絵本の読み聞かせ気合い入れてやるぞー

母はずっと働いていました。仕事に家事に忙しい母だったという記憶があります。「私はほとんど読み聞かせをしてなくて、悪かったなーと思ってるんだけど、あなたたちは勝手に絵本を読んでたから、助かった。笑」と言っていました。

何歳のイメージの話か分からないけど、確かに母から絵本を読み聞かせられた記憶は…ない。笑

子供に絵本を読み聞かせることの重要性は経験からではなく、知識として得ました。

「こあらくんの自主性に任せて絵本を読んでもらえれば」みたいなことを本気で思っていました。旦那の方が積極的に読み聞かせていました。

転機キタか!?

はなから逃げる!ペラペラ勝手にページめくって逃げる!ゆえに全く読み聞かせが成立しない!と言うのが当たり前で、いつやればいいんだ!?となり、いつからかほぼ読み聞かせず…ということが続いていました。

そんなこあらくんが、ここ最近、本棚から勝手に好きな絵本を取り出し、ペラペラめくって見ている、ということが増えました。日によって違うし、何冊かそのときの気分で、という風にも見えました。

え、読んでる?気になる?ママ読もうか?

てなると、逃げます。おーい!

あ、もういいです。

でも、この自ら絵本ペラペラ…という場面が増えてきたことに対して

今でしょ!!!

という気分になって、絵本に触れる時間を充実させるべく、ここに多めに時間を割こうと思っています。読み聞かせの時間だけでなく、どんな絵本がいいかな?と私自身が次の一冊をリサーチする時間だったり、図書館でジャケ借り?というか、何か良さそうなのあれば読んで見ようかなー?な時間だったり。

読み聞かせたい。たくさん触れて欲しい。何年か何十年か後のそのときを目指して。

そんな衝動に駆られています。

 

びっくりドラゴンおおそうどう!

びっくりドラゴンおおそうどう!