読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こあらくんプラス

DWE(ディズニー英語) 中古で購入!こあらくんの日常にEnglishをプラス

Blue Dolphinsのランチタイム見学


f:id:appleballballoon:20170317183451j:image

すごいもの見てしまった、感

やはり費用面で通わせる決断出来ず!

決めたのに、もやもやします。やっぱり私はこういう環境が好きだーーーーー!

居心地良くて幸せでした。一瞬だったけど。

貯金崩してでもこの1年とりあえず投資する価値があるかも?と思えたけど、身の丈を忘れずいこうと夫婦で決めました。

調べていたのはかなり前です。資料請求して、やはり費用は高いな…とは思っていたものの諦めきれず、問い合わせました。

見学予約いっぱい!定員ほぼいっぱい!

まじかよ何だよー望んだところで見学すら難しいのかよー関東ってやっぱり人口多いな!!!となりました。

じゃ、結構です。

仮に、望んだところで定員ほぼいっぱいなら待っている間に埋まるかもしれないし、見学するのもなぁ…と思いましたが、スタッフの方は、とても親切でした。

ランチタイムで良ければ近い日にちで少しの時間だけ見学可能です、と。

ぜひ\(^o^)/

いざ行ってみると、みんないい子で、楽しそうにランチタイムしてるーーーーー!!!

3月だからというのもあるかな?始めの4、5月はまぁ地獄ですよ、と。だいたい誰か泣いてるし、好き嫌いあって、これは要らない食べないとかでギャーギャー…でもこうして少しずつやりながら適応していく、と。

年上の子がなんとなく、年下の子の面倒見たりして、皆でフォローし合う環境というのも良さそうです。2歳からずっと通っている年長さんは、いい貫禄が出ていました。

2歳の子だけでなく年長さんまで一緒に食べますが、ネイティブの先生、日本人スタッフ(もちろん英語堪能)も一緒です。

想像以上のレベル(会話のテンポ、内容)でガンガン英語の会話が飛び交っていました。

すごいものを見てしまった。

こあらくんは移動中に寝てしまい、このときはベビーカーにいて、私だけひょっこり現れ近くで見学させてもらいました。あ、また見学者ね!って感じで、これも日常なのか誰も全く動じません。

通常の教室の様子もさらりと、ここでこんな感じでやってます、と掲示物など見せていただきました。

ちょうど3月なので

卒業セレモニー控えててこんな感じで発表したり、歌を歌ったりします。と、冊子を見せていただきました。

2歳のクラスは英語の歌を歌う♪とかですが、年長さんになると、英語で長文の卒業作文を書くことができます。載っていました。英語脳すごいな。ここまでやれるのか。

スタッフは聞き飽きているはず

うちの子今のところ英語の方が反応いいので、伸ばしたい…みたいなことは、ここでは、はいはいそういう方多いです!で処理される定型会話な気がしました。

2歳はちょうど、日本語を結構話せるようになってくるタイミングで、今は日本語だからとか英語だからとか区別がついていない時期、日本語だ英語だってのは、これからですよ♪と言われました。

確かに、こあらくんはパンに関してはbreadとはおそらく言ったことがなく、パン♪

英語日本語関係なく自分にとって発音が簡単なものから言っていく、という風にも思えます。

3歳になって通常の幼稚園に通い、平日夕方に通うパターンはしんどいかも?

2歳クラスのだいたい6割くらいは3歳になれば通常の幼稚園に通います、と言われました。

費用面かな?どうなのかな?そうか、やはりそういうパターンあるよな、と、妙に納得。うちが今の家計バランスで幼稚園までプリスクールにすると、ソッコー家計崩壊

\(^o^)/

幼稚園に入ってからという月齢は、日本語がどんどんうまくなるときでもあります。通常の幼稚園に通い、週何回か平日夕方に通うパターンがありますが、単純に疲れている、日本語を日常で使いまくっているので、日本語と英語の切り替えが下手になってて本人が戸惑う、などがあると言われました。

もし2歳クラスから始めるなら幼稚園もここへ引き続き通った方がいいのかもね♪というさりげないアピールに思えて、気持ちが乗ってしまいます。

通い方は年齢に応じてバリエーションがあります。

見学出来て良かった。

目指したいのはこのレベルだよね、以上!というシンプルな感想。目の前で見ちゃった衝撃はやはりすごい。

幼稚園として通っている子のこなれ感尋常じゃないです。日本語としっかり切り替わるところがかわいくて、面白いとスタッフの方が言っていました。

ずっと英語を話して過ごしていたのに、お迎えに来たママの顔見たら「お菓子食べたいー!」「公園で遊んで帰るー!」

こあらくんが起きて数分くらいしか滞在しておらず、寝起きでほぼ帰り際だったので彼がランチタイムの様子を見たかどうか抱っこしていていまいち分かりませんでした。

男性のネィティブ先生にHello ♪されたときは、顔をふせてしまいShy boy♪で処理されました。日本人女性スタッフは美人さんだからか何なのか笑顔で手を振り、ハイタッチに応じていました。

教室の雰囲気がとても良く、子供たち皆いい表情で楽しそうで、目がキラキラしていました。

こあらくんも、この子たちみたいに毎日表情豊かに楽しんで過ごして欲しいと思い、工夫してあげたいです。