読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こあらくんプラス

DWE(ディズニー英語) 中古で購入!こあらくんの日常にEnglishをプラス

動物好きkidsに良さそうな英語の絵本

f:id:appleballballoon:20170408170845j:image
借り物です。

こあらくんは気に入った様子。


f:id:appleballballoon:20170408170920j:image

メジャーどころで、攻めてくるかと思いきや、ちょっと珍しい動物が含まれます。

f:id:appleballballoon:20170408170908j:image

水曜どうでしょうファン歓喜

旦那のことです。こんなところでケツァールが見られるとは!なんて。

こんな感じで、絵本というより、ばかでかい単語帳。

このシンプルさがこあらくんにはウケました。

「ぞうしゃん♪」

象のことは、そう言いたいようです。elephantとは言わず、基本的には、ぞうしゃん♪

DWEユーザーだったらHippopotamusは…

ひっぽ、ぽぉたまぁ~す♪

てふざけるの、私だけじゃないと思います。

こあらくんは、かなり喜びます。

何回も私にそう言わせようとして、Hippopotamusのページに戻ってくることがあります。

こあらくんの発音は“ip”のみ。まだ発展途上です。

さっさと出来るし、繰り返し出来る

時間は取りません。見開きページのところで、全部ざざーっと言ったら数秒。ページをめくりながら発音していっても1分あればいい。

はい、終わり~♪という手軽さがいいのか、もう1回!となることもあるし、気になる動物に戻ったり、じっくり絵を見ることがあったり、自由に遊べます。

絵本の良さは想像力を育むこと

絵本の良さの1つとして言われています。

小さい子供が自分で絵本を読みつつ、想像力を働かせるのは難しい。だから、絵本というものは大人が子供に読み聞かせるもの。

大好きな親の声を聞きながら、物語を感じて、想像力を働かせることだけに集中してもらえばいい、それがいいところなんだみたいなことも言われたりします。

まぁこれは、物語がないけど。

Pigで感じた。

よく見ると豚の足元にはりんごと思われる赤いものが転がっています。


f:id:appleballballoon:20170410214717j:image

こあらくんは、ここを見て“apple ♪”とも言ったことがあります。

私は初見で“これ、単語帳みたいなものじゃん”て思ったが最後、そんなところには見向きもせず、気付かず。

こあらくんに言われて、確かに!これ、りんごかも!て思いました。

単語帳に見えてもこれはやっぱり絵本で、物語が想像しやすくなっているのか?一線を画しているのか?とも思いました。

ふ~ん…と、ただ眺めている時間は、物語を想像していたりして?

珍しい動物に関しては後ろのほうに別途説明がついていたので、へぇ~そうなのか~と思いました。知らないことだらけです。

勝手に見て、発音している

シンプルってのはいい。気に入ったようで、自分で絵本をペラペラめくりながら発音していることもあります。すぐにやめてしまうけど。

Alligatorは“ありぇらぁ~”

「どう?言えてるっしょ?」みたいな感じで披露してくれることもあります。

意外なところ頑張ろうとするよね

私が思う“この単語は言いやすいんじゃない?”てのが全くあてになりません。

まだまだ言えない言わない発音が多い中でAlligatorはチャレンジするのか。したいのか。

だから、私は“意外”という言葉で処理するしかない。

ここには出てこないけど“きりん”は、いかにも言いやすそうだし、きりんとも言えるのに彼はGiraffeと言う方が好き。

基準が分からない。

「ぞうしゃん♪」

…そうかそうか。

 

An Alphabet Of Animals

An Alphabet Of Animals

 

 

>The New Alphabet of Animals by Christopher Wormell(中古品-良い)

価格:1,059円
(2017/4/9 14:53時点)
感想(0件)