こあらくんプラス

DWE(ディズニー英語) 中古で購入!こあらくんの日常にEnglishをプラス

バイロン・バートンのさんびきのくまは、かわいくまとまっていて英語verもあるよ


f:id:appleballballoon:20170410161309j:image

かわいいと思うかどうかは、人によるだろうけど

3びきのくまは、トルストイのお話が一番有名だと思われるけど、若干絵がこわい。話も教訓色が濃い。

3びきのくま [ レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ ]

 

いやまぁ、そこがいいんだけど。私は好きです。ただ、もう少し年齢上がって色々理解出来たり、想像出来てからがいいかなーと思って今回はやめました。

長いこと愛されているので、改めて読んでみると、おそらく私も子供の頃に読んだことがあるかも?

ていうか今全部読んだし、どちらにせよ読んだことあるって言っていいわ、てことで。

結局、話そのものが面白いので、多少描き方を変えても面白いです。

私は、バイロン・バートン氏の作品が好きです。こあらくんもそんな感じがあり、だいたいどの作品も食いつきがいいです。彼のアレンジのセンスも好き。


f:id:appleballballoon:20170410161852j:image 

Mama Bear がお粥を炊いてる。

こんなワンシーンにも、DWEで触れた英単語もりもりあるけど、言うわけではない。

おかゆの器の色を言うくらい。あとは、Bearとは言うし、物語を感じているかどうかは分からないけどページをめくると“わぁ~♪”とLIVE感あるリアクションをくれます。

Purple ,Red,Green

Purple なの?Blue じゃなくて?というところはスルーしてColorsブームは続いています。どこでもいい。興味が持てたなら。

ページめくるの早いんだってば。ていうツッコミは飽きました。

“読んでいる”という感じはしないけど、自分で勝手に本棚から取り出してぺらぺらめくって見ていることもあるので、そういう時間も大切にします。

本の端にAges 4 to 8って書いてありました。

どおりで文字がちょっと多いと思ったわ。

適当に予約して借りているので、そこまで確認出来ず。


f:id:appleballballoon:20170410163940j:image

ほぼ主役扱いのGoldilocksちゃん。自由なふるまい。いい感じ。私好み。

簡単な英語でした

今回は、私が中身を確認したいってのと、たまたま両方あったから、ということで一気に日本語・英語両方借りてみることにしました。

何で2冊あるんだよ?と思われたかどうかは、分かりませんが。

こあらくんは、どちらかといえば英語の方を見ている機会が多かったような気がします。

読み聞かせるとなると、日本語にせよ英語にせよ、若干文字数多くて後半まで集中力が持たず。

絵本のいいところは、案外なんとなく覚えているもの。またそのうち振り返って読んでみてもいいのかな、なんて。一応、そのときに備えてこあらくんの読書日記をつけています。簡単にさらっと、日付と本のタイトル、作者、反応とか。

一冊をじっくり触れさせたい旦那と、気になる絵本をついつい手に取る私。まずは、私が読むから!てことで。小さい子向けの絵本はあっという間に読めてしまうし、おもしろいものが多い!

こあらくんが楽しんでくれるような絵本をいつもそばに置いてあげたいな、と思います。

DWEのSing Alongの絵本は相変わらず好きみたいで、よく見ています。ただ、一回に眺める時間が短く、あら、もう次に行くのね?となることが多いです。

 

さんびき のくま [ バイロン・バートン ]