こあらくんプラス

DWE(ディズニー英語) 中古で購入!こあらくんの日常にEnglishをプラス

簡単な英語で、一言言った。


f:id:appleballballoon:20170720134654j:image

 

超簡単な一言。

私が聞いたこあらくんの初めての英文一言。一応私に向けて、ではありますが。

 

This is Jumpy!

 

おさるのジョージを見せていました。

ジャンピーというリスが登場したときに言っていました。

チップ&デールの影響と思われますが、リスとかリスっぽく見えたものはもれなく“ちっぱ”と言って反応していました。

ジャンピーのことも、例外なく“ちっぱ”と呼んでいました。

発音は正直チャンピーにも聞こえますが、ここ最近、いつの間にかジャンピーと言うようになったので、成長を感じていたところ。

George and Jumpy !

見えたもの言ったのかな。みたいな感じのときもあります。お気に入りのようです。

ハンドリーのこともワンワンとしか言ってなかったのに、いつの間にか名前で呼ぶようになっていました。

相変わらず、好きね。なんて。dogと言えても、そこはワンワンかい。

いぬ!じゃなくて、ワンちゃん♥️と愛でているイメージということで。

吠える姿を見ると「bark !bark !」と言うこともあるので、おーここにDWEの効果キターと感じます。

 

アニメ比べ

慣れたのもあるけど、私個人的な感想だと、おさるのジョージは、副音声で見たときの英語が聞き取りやすいです。そして、ストーリーも何だかんだ一番好きです。教訓が含まれていて、オチがついている。非現実的な部分は多いけど、現実とリンクしていて知識が得られることもある。

何と比べているかと言うと、きかんしゃトーマス

きかんしゃトーマスのお話も見るようになったので、たまに英語で流しています。

お話は楽しいものが多いけど、仲間同士でいじわるしたり、ちょっと乱暴な口を聞いたり、しょうもない小競り合いがあるので、微妙な気持ちになることがあります。

え、そこ別によくね?とツッコみたい。

ゴードンだから許されるけど、原作よりアニメの方がオレオレ感が強いですね。

原作の訳も男性が訳しているからか、ゴードンがより威張り散らしているように思えるんだよなー。て感じたけど、よく分からない。絵本ですらいっそ英語のまま読み進めたい気分になります。読解力に難ありだけど。

アニメで乱暴な口調が聞こえて来ると、ニュアンス処理出来ず、ダイレクトに響くから微妙。

 

おさるのジョージは何かとやらかすので、そこだけを切り取ると、見せたいわけではないけど、登場人物すべてがハートフルなところがいい♪

もう1年以上見ている中で、いじわるとか嫌な言い方とか、暴力的な描写が一切ないところがいいです。表現に配慮を感じる。

子供に見せるのには健全だと思いました。

アンパンマンですら、成敗で殴るって手段を取るのどうなの?て見方をすると、若干切ない。)

こあらくんは、日本語でも英語でも基本的には自分がリクエストしているお話なので、見ます。

 

久しぶりのDWE絵本

こあらくんからの“やりたい”ありきで、基本的にDWEをやるようにしています。

そのため、かくかくしかじかDWEをやらない日々が続きます。

どうにか触れたい。

多少は私からアプローチしてもいいだろうと、寝る前の読み聞かせの絵本にDWEを試してみました。

寝そうだったのに、飛び起きて絵本をめくり始め、単語を言ったり、状況を言ってみたりしていました。

好リアクションが嬉しいけど、早く寝ろ。としか思っていないので、ある意味では寝る前の読み聞かせにはDWEは不向きかも?と思いました。

日中に、どこかしらで取り入れる方が良さそうです。