こあらくんプラス

DWE(ディズニー英語) 中古で購入!こあらくんの日常にEnglishをプラス

イライラ防止に、こあらくん用の番組ストック整理

何を言っているのか分からない

こあらくんの興味関心に変化が出て来ているような気がします。

テレビが見たいときは、リモコンを持ってきて「見たい。操作して。」アピールするのは相変わらずだけど、何を言っているのか分からないことが未だに多い。

最近は、少しだけ単語が言えることもあって、例えば意気揚々と

 

「しかく、はこ、ロケット」

 

え、ごめん、何?

全然ピンと来ない。

ただ言いたいだけってこともありそうだし。

ロケットではなく、ロボットだったらいくつか心当たりあるけど、1つに絞るには他にもヒントが欲しいかな。

ストックから、これかな?これかな?と再生してみるものの、違う、と。

いっそ、ストック全消しして、ないものはない!うるせー!(こわ。)

みたいな強行手段をとってみようかとも思いつつ。

それも、極端。段階を踏みたい。

 

DWEのおかげか?

英語に触れさせたおかげか?

“DVD”とは意外にもすんなり言える単語の1つ。ディスクを選びたがる。

そう言わないそうしないときは、HDDストックを指してるのかな?と思うことにしてるけど、2歳7ヶ月だもんな。まだまだ分かってないだろう。内容を混同していることもあるだろう。

容量残量が、なくなりつつある。

ちょうどいい。

消そう。

 

≪一応いくつか残す≫

年単位で一軍だったもの。情熱ぶり返し、あるのか!?

ひつじのショーン

おさるのジョージ

◎ディズニー コメディタイム(放送終了)

ピタゴラスイッチ

 

≪たまに言ってくるよね≫

きかんしゃトーマス(トーマスたちは大好きでもアニメはいまいち。自分からリクエストしておきながら、すぐ嫌がる。)

ミッキーマウスクラブハウス

 

≪一部のコーナーが好き。回によっては、永久保存か!?くらい好きなのがあったりする≫

デザインあ

大科学実験

考えるカラス

○テクネ

これらの中のとあるコンテンツが見たい場合、伝えるのが困難だと思われる。

アニメだったら、とりあえず“ジョージ”と“ミッキー”とか言えばいいし、言うから。

 

≪DWEの効果を高めるために≫

☆ファンタジア(いつでもリクエストOK!来たことない。)

 

成長を期待してしまう

言える言葉が少ない中で「ピタゴラスイッチ!」がバシッと言えるのは情熱と言うか、ある種の執念にも思える。

これくらい分かりやすく言ってくれるといいな。

その回じゃない!とか、あのシーンが見たい!みたいな限定的なオーダーを感じることもあるけど。

とりあえず、意思があるのはいいこと。とりあえず。

ワンフレーズ歌うこともあり、で、あれば、これだね?と分かってあげられることもあるけど、かなり稀。

 

くるくる~♪くるくる~♪

 

それを言われて私は何を再生すればいいのか。

 

最近は、遊びのバリエーションが増えてきました。

案外ストックなくてもいけるんじゃね?

期待してしまう。

面倒だもの。

再生し、違うそれじゃない。を何十回も繰り返すなんて、どうかしてるぜ。

イライラする。

でも、よほどそのコンテンツが見たいのかと思うと見せてやりたい気もする。

とはいえ、テレビに限らずこあらくんのやりたいことが増えたと感じるので、そこは嬉しいかも。

散歩に行こう♪と自分から誘うことも増えました。(でも、本当の目的は昼寝で、おんぶ所望からの即爆睡みたいな日が多い。歩け。)

 

保健師さんの“そこは別にいいだろ”のススメ

以前の発達相談にて。

私「なるべくテレビは見せたくないんですけど、なかなか難しいですね。」

保健師さん「いいんですよお、見せましょう!無理じゃないですか?家事したいとき。はかどらないでしょ?」

私「そうですね、無理です。笑 適度に見せます。」

 

ということで、こあらくんが好きな番組を聞かれたことがありました。

「ストーリー性があるものが好きなんですかね?ある程度お話が理解できているから、楽しんでいるとも言えますよね!」と言われました。

まぁ、そうかもしれないけど、本人はあまり喋らないからよく分かりませんとしか言えなかったあの日から、随分様子に変化があったように思います。

 

ちょっとぐずぐずしている、さっさと気分転換させたい!ときに、ストーリー性があるアニメでは長いというときがあります。

見せて機嫌が良くなることはあるけど、区切りいいところまで見せ続けないといけない。

そんなとき。

万能じゃないけど、考えるカラスのデデニオンに助けてもらうことがあります。

短時間でサクッとオチまでいきます。

私が見ても楽しいアニメーション。

そして、絵が下手すぎる私でも「っぽく」描ける。


f:id:appleballballoon:20170819161744j:image

…。

…。

こんなやつですら見せるとこあらくんは“デデニオン~♪”

ご機嫌になって、笑ってくれることがあります。

助かる。