こあらくんプラス

DWE(ディズニー英語) 中古で購入!こあらくんの日常にEnglishをプラス

きかんしゃホブ・ノブを読んでいて、英単語が出る

言いたいこと言いたいように言うやつ

 

きかんしゃ ホブ・ノブ (こどものとも絵本)

きかんしゃ ホブ・ノブ (こどものとも絵本)

 

 

面白い絵本です。機関車と動物が出てくるので、子供ウケが良さそう。

こあらくんにとって、文章の量もちょうどいい。

動物さんたちを遊園地に連れていくお話です。

動物さんたちズラリ~♪の場面で、興奮して、指差し確認しつつ言っていく。

 

メェメェ!(ひつじ)

ワンちゃん!

ねこちゃん!

Duck!

Chicken!

…(無言)…(七面鳥だった)

 

表現自由か。

とっさに浮かぶものをそのまま言うのかな。

よく分からないけど。

 

英語に触れている子供あるあるなのか

親の意向で英語を少し日常に取り入れてしまったもので、こんなことに?という感じ。

 

日本語で言いたいときと英語で言いたいときがある。

それは全くもって気まぐれ。 

 

今日はUp and Down 言いたい日なんだな。とか、ちょっとしたブームみたいのを感じることはある。

①それが含まれる曲のフレーズを歌う(DWEの歌じゃなかった…)

②ショッピングモールで、エスカレーターを見て

エスカレーター Up and down.

と、状況を報告してくれたりする。

そうね。上りと下りが交差してるね。

 

一長一短

物は考えよう、と言っていいのか、まぁどうしようもない部分の話なので、今のところの私の感想。

 

少しではあるけど、英語を日常に取り入れているから、日本語の習得に難が出ているのではないか?という見方も出来るし、少なくとも親子のコミュニケーションに一役買っている場面もあるので、英語に触れさせて良かったという見方も出来る。

 

appleとは言うのに“りんご”と言えなかったのは、言いたくても言えないから代わりにずーっとappleって言ってたのかも?

最近、やっと言いそう。

 

ぎんご

 

そうか。

しゃりん(車輪)とかスタンリー(きかんしゃトーマスのお友達)とか言えるのに。

一発目が“り”ってのがまだ難しいのかな?まぁいつか言うんだろう。

例えば、“ひょうしき”が言えない代わりに“sign”と言って教えてくれるので、そこで会話が成り立ったり。

ずっと一緒にいて、だいたいどんな語彙に触れたか分かっているから気付けるだけではあるけど。

“オレンジ”より“orange”の方が言いやすいかも?とか。彼なりに何かありそう。

英単語に助けられて、コミュニケーションが多少取りやすくなっている場面もあります。

 

オレンジジュース 飲む

日本語だと、ゆっくり言えば

オ レ ン ジ ジュ ース のむ

7拍かなぁ。

早めだと

オレンジ ジュース のむ

3拍かなぁ。

こあらくんは、最近オレンジジュースにハマっていて、早く飲みたいのもあって、早口なのもあって

Orange-juice のむ

時短甚だしい2拍でぶっこんでくることがあるけど、これ多分私くらいしか聞き取れない悲しさあり。

 

こんなしょうもないこと考えていないで、とりあえずこあらくんと遊ぼう。