こあらくんプラス

DWE(ディズニー英語) 中古で購入!こあらくんの日常にEnglishをプラス

我が家なりのレオ・レオ二祭り

いいね!

久しぶりにトークアロングで遊んだこあらくん。

私に似てせっかちなのか、すごい勢いで最後までやり切る勢いでプレイメイトにカードつっこむので反応しない。

そーっとね。が出来ないやつ。イライラしたのか、すぐやめてしまった。

ま、いいんだけど。

 

外国人が作者の絵本に期待

こあらくんのため、もあるけど、自分自身が絵本まじ楽しいやんサイコーみたいな気持ちがあってノッているところなので、自分のためにも絵本を読みます。

幼い頃読んでいた可能性があるものに再会したいので、かなり古い(時間の経過ツラ…)年代のものを中心に探します。一人の作家さんを掘り下げたり。

あとは、感覚に訴えてくる系(それは人による)とにかく自分が美しいと感じるものを手に取ります。

最近だとイエラ・マリ

絵本の文章量よりも、ついつい自分の心から湧き出る副音声の量が勝る絵本の方が好き。

とりあえず久しぶりにレオ・レオニいっとこ、という気分でした。

レオ・レオ二の【あおくんときいろちゃん】は、こあらくんの好リアクションがあったので、他の作品も?と思って。

 

あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本)

あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本)

 

 

 

はまべには いしが いっぱい

 

はまべにはいしがいっぱい (レオ=レオニの絵本)
 

 

これがキター。

モノクロの絵本ですが、美しい。数字、アルファベット、時計…今こあらくんが関心持っているものがたくさん出て来ていい感じでした。めちゃくちゃハマっています。

日本語で読み進めていく中でさりげなくアルファベットとか出てくるの…いいな。

ランダムに読み上げるこあらくん。うん、そうそう、まぁこれただ左から読めばアルファベット順に並んでるんだけどさ、という。

絵本の読み聞かせを楽しみたい、でも心の片隅では、英語にももうちょっと触れさせていきたいんだよねーと思っているところなので、こういう絵本に出会えると得した気分になります。

文章量は少ないのに、やたらと親子で会話を交わし、弾んだので、1冊読み終わるのに結構時間がかかったような気がします。

こういうのも自分が求めていた方向性なので、嬉しい。

 

ちなみに

私がよくやる、一緒の棚に並んでいるから、これもどうすか。みたいな感じで、同じ作者の作品を差し出してみるというやつ。

子供の興味ってどこに引っかかるか分からないから。

意外な本に興味を示すことがある。

これ、好きそう!と勧めても全然見向きもしないものも当然ある。

でも、図書館だからOK!トライ&エラーが気軽で楽しい。

興味が持てない。今の気分じゃない。だったら、返却すればいいだけだから。

今!読みたいやつを読めばいいだけだから。

こあらくんにはちょっと文章量が多いのでは?と思ったけど

【チコときんいろのつばさ】は、読んでー!となりました。

 

チコときんいろのつばさ

チコときんいろのつばさ

 

 

食い気味にページをめくることが多いけど、ほとんどせず、お話を理解しようとしていた気がします。大人が読んでもグッときます。

あとは【どうするティリー?】を。

 

どうするティリー?

どうするティリー?

 

 

あのかわいいネズミちゃん出てきたらだいたい食いつくよね。やっぱりね。

ということで、我が家なりにレオ・レオニ祭りを開催したとある日の過ごし方でした。