こあらくんプラス

DWE(ディズニー英語) 中古で購入!こあらくんの日常にEnglishをプラス

3歳児と数字


f:id:appleballballoon:20180203205745j:image

 こあらくんが数字に興味を持ったきっかけになったのではないかと私が勝手に思っている絵本

 

【中古】 かぞえてみよう1、2、3 ミキハウスのめくってたのしいしかけえほん2/シアンタッカー(著者) 【中古】afb

 

2~3年前にB級品市みたいなやつで、安く買えたもの。

本棚に入れっぱなしでした。

2才…も終わりかけの頃、見たがる頻度が増えた気がしていて、最近また引っ張り出して来ては見ていました。

ある日「数える」と言い、この絵本と爪楊枝を持って来て(子供の手の届かないところへしまえよ)せっせとカウントしていました。いや爪楊枝要らんだろ。

英語にも触れさせるんだ!と、とにかくいきり立ちまくっていた去年あたり、何度英語で数を教えても、日本語で言いたがるという、俺の意思ここにあり!的な感じだったこあらくん。やはり日本語で数えています。

ちなみに、この絵本は英語表記でも対応しているのでバイリンガル育児したい方にもおすすめ。


f:id:appleballballoon:20180205190735j:image

とりあえず、かわいい。各ページにしかけがあります。


f:id:appleballballoon:20180205190803j:image

ペラリとめくると、またしても対応する数のかわいいイラスト。

 

数字が好きなのかもしれないけどよく分からない

このくらいの月齢だと、数えることが出来ても概念の理解が伴っているとは限らない

というのは、知識として得ました。

何歳で、数をどのくらい数えたら、平均的なのか。すごいのか。ちょっと遅いのか。

調べてたつもりだったけど、クリアな答えに辿り着かない。よく分からない。よく分からないから、「それ知ってどうしたいんだ」と自分にツッコんで終わりました。

一つだけ経験として感じたこと。

インプットは裏切らない

促していないのに、たまに英語で数を数える機会が出て来ました。

この次は何?という感じで聞いてきてとりあえず、20まで英語で一緒にカウント。

へぇ~そうかそうか。みたいな感じで機嫌が良くなったことがありました。

本人が知りたいことを知りたいときに知る。ってのは良いのかな?と思いました。

 

自分のことは、結構テキトーな育児してるなーという自己分析はありつつも、去年の自分を振り返ると狂気を感じます。バイリンガル育児というか英語にも触れされるんだ!とイキっていた、うん、かなり。

そのときにしか出せない情熱で同じこと今やれってのは絶対無理。

怒濤の勢いであれこれあった2歳代は、ただの過去になりました。 

今年は、こあらくんの3歳代は、どういう風に、過ごしていこうかな~なんて思ってみるけど、春から幼稚園が始まるので、とりあえず、今は準備を楽しみたいな、と。

そういえば、うち、いわゆるフツーの幼稚園に行く予定だわ、大丈夫なのかしら。

待ち遠しくはないけど、気にはなる、発達に関する検診まで、あともう少し。