こあらくんプラス

DWE(ディズニー英語) 中古で購入!こあらくんの日常にEnglishをプラス

3歳児の子育てで試したいこと


f:id:appleballballoon:20180215155401j:image

自分のまとめ

こういうのどう?という提案ではないんです。

最近いろいろあった中で、自分がこうしていきたい、やっていこうかな、と思ったことをまとめておこうと。

 

 

母親から学ぶ人間関係

先日、幼稚園にて、専門家による子育てに関する講演会に参加する機会がありました。その中で、考えたこと。

私も積極的に、新しい環境なりステージを求めてみるか、と。

新たな友人を見つける勢いで、人と関わることを面倒くさがらない(面倒なのかよ)。

これを、2018年の目標に。

子供は、まずは母親から人との関わり方を学ぶようです。

母親が、夫と、家族と、友人と、日常生活の中で関わるいろんな人と、どのように接しているかを見ている、と。それを自分に応用するんだという話がありました。

子供に対して、お友達と仲良く遊んでね!なんてことを言ってばかりいないで、自分自身も積極的に人と関わっていこう。それを子供が見て勝手に学ぶよ、と。

まーそう言われたらそうかもなー。

人は一人じゃ生きていけない。関わり合い、支え合い。ふれあい。

子供は、勉強が出来ないだけじゃ学校に行きたくならない。人間関係でつまずき、傷付き、立ち直れなくなったときに学校に行きたくなくなる、社会との関わりが嫌になる。下手すりゃ引きこもる。だから、勉強が出来るかどうかはどっちでもいい(出来た方がいいのかもしれないけど)。友達が出来て楽しかったり、人との関わりが楽しいほうが人生が豊かになり得る。

そういう子供の幸せを願うなら、自分がどうしたらいいか分かるでしょ?みたいな感じでした。

子供を暴君にしないために

子供の要求を聞きすぎないこと。

私の課題はこれかな、と感じます。

何だかんだ私は甘い親なのではないかと思うので。

かわいい我が子だし。興奮して暴れる?泣く?ギャーギャーうるさいよりは、うん、聞くわ、あなたのその要求。言う通りにするわ。

…には、気を付けてね!と。

これは、臨床心理士の先生のお言葉。子供が家庭内で暴君になっていく。

今の“そうは言ってもすべてかわいい”が、10年後、どうなってる?

同じことしているとか、酷くなっていて、それでもかわいいか?を考えてみると…

全然かわいくない。まじでクソ。思春期だったとしても、このまま大人にするわけにいかない。でも、修正しづらいかも。年齢的に。今やれることを今したい。

 

 

 

先日、発達の程度を確認する検査、田中ビネーをやりました。知能検査。

大躍進。結果は、月齢プラス3か月。

先月の保健師の面談と検査だと言葉面はまだ2歳くらいってことだったが。

よく分からんが、何だかんだで月齢相当ということでいいのかな。

 

<先生の見立て>

分からないから喋れないわけではない。分かっていると思われる。

これ、出来るかな?と、いろいろなことをやらされる中で、正解するだけでなく、選んで、処理を完了するまでのスピードが月齢を考えると、かなり早い。この、いろいろ感じ取ったゆえに出来ると思われる反応の素早さみたいなのは、良いこととも言えるが…入ってくるものが処理できるものより多くて混乱することにつながるという心配要素にもなり得る。要は捉え方次第。

試されているような聞かれ方に警戒して、何も言えない、言いたくないという見方が出来たので、人の表情をよく観察して、その心理まで想像しようとしているとも言える。

 

場の雰囲気が和んだり、褒められおだてられると、だんだんノッてきて口数が少し増える、声を張る、ということもあったので、そういうときは分かりやすいな、と私から見ていて思いました。

ゆっくりすぎる成長はやきもきするけど、月齢以上の成長をガンガンして欲しいということではない。

欲しがり。平均を求めちゃう。結構難しいと思う。そもそも平均って?てなるし。

今しか出来ないことをして、感じて、楽しんで、成長して欲しい。

私も母として、という子供ありきの自分だけでなく、人として成長したい。

子供だけ成長して自分は変わらないのは退化してるのと一緒。まして、退化だけってのはあり得ない。ただの老化が避けられない以上(笑)、他のことで何かプラスの変化を自分自身にも。