こあらくんプラス

DWE(ディズニー英語) 中古で購入!こあらくんの日常にEnglishをプラス

2~3歳児の発達相談するとき、したとき、すべて終わったときの気持ちの変化


f:id:appleballballoon:20180226231258j:image
 

ようやく区切り

こあらくんの発達相談、経過観察、これにて完全に終了。

発達専門医からの、至極マイペース、幼さが残る、周りへの関心がまだ薄い、という見立てはあるけど。まぁとりあえず、春から幼稚園で集団生活が始まってから、どう変わるかな?というところ。

困ったことが出て来た、幼稚園の先生から何か言われた等あれば、また相談して下さい、と。

まぁそうなりますよね。

 

 

結構萎える

感じ方の個人差、相性、いろいろあって、私が思うこと。

発達専門医との面談みたいなのが一番萎える。

ご参考までに。事前情報を探している方いれば、覚悟しておいて損なし。

子供目線、子供思い、という印象があり、直接言われるわけではないし、私が勝手に感じていただけのことだけど。終わるとドッと疲れが出るほど萎える。

 

おまえ、この程度のことが心配なの?気になるの?イライラするの?怒るの?

 

笑わせんな、くらいの圧を感じる。もうなんかすごい圧を。

私の考え方とか捉え方を試されている気分。最悪。

いやまぁ、発達相談に駆け込む親のほとんどが、悲壮感たっぷり、エピソードは盛る勢い、うちの子が心配です、不安です、こんなことがありまして…というところなんだと思われるけど。客観的な判断など出来ないし。

本当に丁寧なケアが必要なケース以外はさっさと処理するのかもしれない。

 

意外と外面いい

幸か不幸か、うちのこあらくん、ソトヅラがいいのではないかと、いつからか思い始めた。

おい、それだといつものクソ加減が説明できないだろ、もっとぐずれ。

と思ったりするけど、意外と機嫌がいい。ニコニコしている。

最悪(親の都合)。

 

不安な気持ちは吐き出そう

思い返してみると、あれ?うちの子おかしくないか?どうなの?心配!!!って思っていた頃、全然順番が回ってこない発達相談に気が狂いそうだった。

どれだけ待てばいいの!うちに早く順番回して!どうせ皆大丈夫なやつでしょ。極度の心配性で構って欲しがりの人が殺到してるだけでしょ。そういう人は後回しにして欲しい。みたいなこと思うほど心は荒んでいた。

早期発見早期フォローじゃないの?なんて、何となく気持ちも焦っていたし。

それが、たくさんの専門スタッフの方のお力添えのおかげで平常心を取り戻せました。

こあらくんもたくさんの人に構ってもらえて、いい機会でした。

これでもか!というほど、たくさん相談に乗っていただきました。こちらが話すことなくても、待ってくれて、本当にこれで全部?話し忘れたことは?と、想像以上に手厚くフォローしていただきました。

女って喋ると元気になるよね。ただし、発達専門医に対しては別。私の場合。

 

ソトヅラいいのは問題ない

これは先日の子育てに関する専門家の講演会で言われたこと。

ソトヅラいい子供は問題ない。

親に全力でぶつかってくる子供は、親の愛情をしっかり受け止めている。だから、甘えたい気持ちも含めて言いたい放題やりたい放題だったりすることもある。

自分のことを受け止めてくれる存在がいる、居場所を感じられるから、外に出たときに適切な行動が取れる。

ウチヅラだけいい子供は問題あるかも。関わり方を見直して?と。

親の顔色を窺って、親の前では“いい子”だけど、その歪みを外で発散する。

荒れていて、問題行動が見られたりして、親御さんに報告しなきゃいけない場合が出てくるけど、ウチヅラいいから親がピンと来ない。

うちの子に限ってそんなことはないです、となる。

これは不幸です。

なんて話がありました。

 

都合よく自分で解釈してやっていこうかな。

こあらくんのソトヅラがいいのは我々からの愛情を受け止めているのだと。全力でぶつかって来ていて、とりあえず、めちゃくちゃ甘えているのだと。

成長に期待。